ドラゴンゲートの新風景

 昨日は後楽園ホールのドラゴンゲート。試合がある日に限って他の仕事が入ったりして、実は今年初めてのドラゲー取材。ユニット再編成によって久々のドラゲー・マットは大きく様変わりしていた。大げさに表現するならば…悪態をついていた土井ちゃんが昔のように吉野と漫才のような掛け合いをやっているのを見たり、CIMAのお笑いも交えたお得意のマイクを聞いただけでも隔世の感ありだ。
 2011年はブラッド・ウォリアーズとジャンクション・スリーの2大派閥の対立というわかりやすい構図になっていたが、個性溢れる選手たちの集団だけに、2つの中に収まるのは無理があったと言うべきか。現在のマッド・ブランキー、帰ってきたベテラン軍、ジミーズ、WORLD-1インターナショナルの4ユニットは、選手各々が収まるべきところに収まったという感じがする。そして噂通りにジミーズの人気は絶大だ。地味な選手のユニットということになっているが、どんなタイプとも戦える職人肌の選手が揃っているから当然と言えば当然だ。堀口&斉了はずっとヒール・ユニットでやっていたが、実際は陽性のベビーキャラ。あの「H・A・G・E!」ならぬ「H・A・ジー・ミー!」のコールは、何だか嬉しくなってしまった。
 マッド・ブランキーでは超神龍改め問題龍の塩っぷりはなかなか。さて、この状況で鷹木&YAMATOがどう出るか。若手の富永千浩、小林瑛太らとの新ユニット結成を示唆したが、果たして…。

「ドラゴンゲートの新風景」への1件のフィードバック

  1. 先日、津大会を観戦してきました。マライサコンビは明るく(ジミーズですが…)闘龍門時代を思い出される様な..堀口選手に対するコールドスプレー、ゴムパッチン…
    楽しかったです…
    土井吉コンビは流石でした..
    一番、気になったのはMB…一時の勢いは何処へ..?
    この日はベテラン軍が、勢いから全て上でしたね..
    ドラゲーは少し目を離すと図式がガラリと変わってしまうのでチェックは欠かさずでしょうかね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です