復活の狼煙!

P3130022=天龍プロ.JPG
 今日の午後2時から株式会社スマッシュにおいて天龍プロジェクトの記者会見が行われ、腰部脊柱管狭窄症の手術を行った天龍源一郎の経過報告、新所属選手の発表、そして天龍プロジェクトの年内大会スケジュールが発表された。
 これまで天龍プロジェクトの所属は天龍、THE KABUKIの2人だけだったが、今回、ザ・グレート・カブキ、百田光雄、嵐、折原昌夫、冨宅飛駈が入団して所属選手は計7人に。ただし、この所属はとりあえず天龍が復帰するまでの限定。所属となった選手の共通の想いは、天龍復帰をバックアップしたいということ。また天龍プロジェクト側には「天龍プロジェクト所属というのが足かせにならないように」という気持ちがあり、天龍が復帰した時点で、改めて契約を見直すという。
 発表された年内のスケジュールは5月23日(水)、7月27日(金)、9月26日(水)、12月29日(土)の4大会で、会場はいずれも後楽園ホール。これはスマッシュがSMASH用に押さえていたスケジュールの一部を天龍プロジェクトが引き継ぐもので、天龍復帰戦は12・29大会を予定している。
 さて、2月23日と3月8日の2回に亘って、神経を圧迫している背骨の後ろの骨を抜く手術を行った天龍の経過は順調のよう。
 1回目の手術後、愛娘の紋奈代表を見た天龍の第一声は「あんた、誰?」だったという。いきなりキツイ天龍節をかましたわけだ。折原いわく「1回目の手術の後に僕がお見舞いに行った時には、ちょうどリハビリが終わった直後で、病室に戻った天龍さんはマウスピースを外したんですよ。“何でリハビリにマウスピース!?”ってビックリしちゃいましたよぉ(笑)」とのこと。紋奈代表の「リハビリに行く時の恰好は、普段、トレーニングに行く時と一緒です(苦笑)」という証言もある。「ハッキリ言って、天龍さんの病室は控室と化しています!」(折原)
 大人げない闘病生活が目に浮かんで、失礼ながら笑いがこみあげてしまう。やはり天龍源一郎は天龍源一郎だ。縦横無尽にリングを走り回るテンリュウ・ザ・ターミネーターの出現を楽しみに待ちたい。

「復活の狼煙!」への2件のフィードバック

  1. >>リハビリが終わった直後で、病室にもどった天龍さんはマウスピースを外したんですよ
     大爆笑で笑いがしばらく止まりませんでした。
     麻酔を使用した手術で目を覚ました時に出る言葉はその人の性格が表れると入院中時に看護婦さんから聞いた言葉ですが、天龍さんの言葉は………..
     私の入院時した時は第1回のG1の時の頃で隣のベッドの方は手術スタッフの看護婦さんに「今度飲みに行こう!」と言ったそうで自分腰の術後は心配してる両親の前での第一声は「長州引退したの?」で家族を呆れされてました。余談ですみません。ところで小佐野さん腰痛とはうまく付き合ってますか?
     天龍選手の復活を楽しみにしてます!みんな天龍選手が好きなんだなぁ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です