昨日の午後2時46分に思ったこと

 昨日の午後2時46分、私はDDTの後楽園ホールにいた。全試合が終了して1分間の黙祷。DDTは東日本大震災直後の昨年3月27日の後楽園大会では節電のためにビジョンによる演出を自粛した。ビジョンを使っての対戦カード発表を、何とカード発表ごとに選手がリングインして対峙することで“ナマの絵”で見せた。昨日はそれをあえて再現。そこに「我々は1年前を決して忘れてはならないのだ」というDDTの決意とメッセージが見て取れた。
 この1年、みんなが悩み、そして考えた。震災から9日後に予定されていた3月20日のドラゴンゲートの両国国技館大会は中止になってしまった。翌21日の全日本プロレスの両国国技館大会は会場サイドから使用許可が出て、賛否両論ある中で開催された。この開催を裏でバックアップしたのは新日本とノア。それまで鎖国政策を取っていた全日本は、こうした背景があって以後、開国路線にシフト。また、この3・21両国での諏訪魔vsKENSOの三冠戦は“史上最低の三冠戦”と酷評されたが、その直後からKENSOのテンションと明るさがファンの心を癒してKENSO人気が爆発することになった。
 阪神淡路大震災、東日本大震災の両方を経験したTARUは「やらぬ善より、やる偽善」とブードゥー・マーダーズTARU義援金を立ち上げたし、時のGHC王者・杉浦貴と鈴木みのるが“被災者の人たちにプロレスラーとプロレスは何ができるのか”で論争になった。みんなが自問自答し、もがき、そして何ができるのかを模索していたのである。そして日本武道館、仙台と2回のATが実現した。
 そんなことが頭の中をよぎった昨日の午後2時46分からの1分間だった。よく「プロレスで元気を与える」という表現が使われるが、私はこの言葉の使い方は嫌いだ。「与える」という言葉に違和感を感じるのだ。「プロレスを観て元気になってもらいたい」が正解だろう。プロレスを観ることで、辛い現実からほんのひと時でも解放され、楽しむことで元気になってもらえたら、こんなに嬉しいことはない。その嬉しそうな顔を見ること、声援を聞くことでプロレスラーも「もっと頑張ろう」と元気になれる。それが本当の関係のはずだ。
 私の立場からすれば、私の記事や出演した番組を楽しんでもらえれば、こんなに嬉しいことありません。日々を大切に生きていきましょう。

「昨日の午後2時46分に思ったこと」への1件のフィードバック

  1. 東北だけじゃなく、阪神淡路、中越地震も風化させてはならない事です..
    今後もATが年1回でもいいから、全国の何処かでやってほしいと思います..
    そうする事でプロレスファンだけには最低でも風化しないと思うので…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です