ALL ビチッTOGETHER in SMASH

P1240004.JPG
 昨日はサムライTVの対談番組『Versus』収録。今回、進行を務めさせてもらったのはTAJIRIvsKENSOという夢の顔合わせだ! ビチ~ッと!!
 2人はあのWWEでファイトしていた同志。03年7月17日、まだWJ所属だったKENSOはスマックダウン日本公演の横浜アリーナでトライアウトを受けた。これがTAJIRIとの初めての接点。その後、WJを飛び出した同年10月、KENSOはニューヨークで改めてトライアウトを受けて契約に成功し、04年6月にスマックダウンでデビューしている。ちなみにKENSOがWWEデビューした頃、TAJIRIはドラフトによってスマックダウンからロウに移っていたが、それでも2ブランド合同大会やプライベートでは交流があった。
 ネタバレになってはいけないので、あまり詳しくは書けないが、WWEという凄まじい競争社会にいた2人だけに話は濃いし、面白い。人間関係の難しさ、選手たちが抱える苦悩、いかにノシ上がっていくか…並みのレスラーではこのステージに上がれないと痛感させられた。
 KENSOが最初からいつものハイテンションで飛ばしたら1時間もたないのではと心配したが、気付いたら対談は1時間半以上。素のKENSO、真面目に語るKENSOは新鮮に映るのではないか。
 でも、もちろん最後は「ビチ~ッと!」節が炸裂してTAJIRIもビックリ。奇しくもTAJIRIがKENSOに出場をオファーした1月29日のTDCホールにおける『SMASH25』は仙台の『ALL TOGETHER』と同日興行。東スポ紙上でKENSOはAT出場ボイコットを宣言していたが、KENSOいわく「ALL ビチッTOGETHER in SMASH」だ。
 注目のカードは“メキシコの神”VENENOと組んでサブゥー&葛西純とのハードコアマッチ。いわば“2人の神”vs“2人の狂人”…何が起こるかわからない予測不可能なドキドキする組み合わせだ。「これは面白い!」とカードが直感的に浮かんだTAJIRIと、直感でオファーを受けたKENSO。そう、常に物事を深く考える2人だが、最終的には直感なのだ。
 ということで、放送は2月5日の23時~24時の予定。ビチ~ッと!ビチ~ッと観てください! 以上~っ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です