NOW AND FOREVER

バトルメン12年01月21日_1.jpg
 昨日はMC=三田さん、ゲスト・コメンテーター=天龍さん、解説=私という形でサムライTV『速報!バトル☆メン』に出演。天龍さんは2月下旬に脊柱管狭窄症の手術が予定されており、しばらくは一緒にテレビの仕事はできなくなるであろうと思うと、実に貴重な時間だった。
 約1年間、動かない身体に付き合いながらのファイトは苦しかったと思う。年を取れば体力は衰えるし、故障が出てきて当然。スポーツ選手だけでなく、一般の人も同様だ。では、そうなった時にどう生きるのか? かつての天龍革命は「一生懸命やっていれば、必ず誰かがどこかで見ていてくれる」というものだったが、二十数年が経って「自分が今現在置かれている状況の中で何ができるのか、何をすべきか」というものになったように感じる。
 今回の手術、そしてカムバックは天龍革命の新たな段階。昔からのファンは天龍源一郎の姿に自分自身がどう年輪を重ねていくかを投影するだろうし、若いファンだって“人生”というものを感じるはずだ。こんなときだから天龍さんがWARを設立した時のレボリューション・ジャケットの背文字を思い出す。それはNOW AND FOREVER。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です