鈴木健三の涙

GスピKENSO.JPG
 Gスピリッツ第21号についてのラストは橋本真也特集の中のKENSOインタビューについて書かせてもらおう。あの破壊王・橋本とKENSOは結びつけにくいと思うが、実は師弟の間柄。橋本が一連の小川直也との抗争で一番もがき苦しんでいた時期の付き人がKENSOだったのだ。あの“負けたら即引退スペシャル”でも一緒に花道を歩き、セコンドに付き、橋本が敗れた後には「悔しい!」と泣いていた。
 以前から「私、橋本さんの話になると熱くなってしまい、泣いてしまいます」と言っていたKENSOだが、今回のインタビューでも、あの饒舌なKENSOが言葉に詰まり、涙ぐむこと度々。そして、橋本のスタイルとは真逆に見えるハイテンションな摩訶不思議なKENSOワールドの根っこにあるのは、実は橋本イズムだった。KENSOは橋本の背中を見て何を感じ、何を学んだか? そこの部分を読み取っていただければ幸いだ。
 このインタビューに登場するのはKENSOでも、鈴木健像でもなく…素顔の鈴木健三。ページの都合上、掲載し切れなかったプライベートでの橋本との交流、ほっこりする話は、おいおい何らかの形で紹介していきたいと思う。

「鈴木健三の涙」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です