天龍源一郎の存在価値

 昨日は2月4日の安田忠夫引退試合以来、天龍源一郎の2011年2試合目。ユニオンプロレス新宿FACE大会にTKG48会員番号17(おニャン子クラブで言えば城之内早苗!)として出場した。カードは天龍&高木三四郎&入江茂弘vs石川修司&菊地毅&妻木洋夫だ。
 まず感慨深かったのは天龍と菊地の激突。天龍革命で鶴龍対決全盛だった頃、菊地はジャンボ鶴田の付き人だった。いつだったかの鶴龍対決で、天龍がジャンボに逆片エビ固めを仕掛けた時、菊地が「鶴田さん、ロープ!」と、何とかジャンボがロープエスケープ出来るように必死にサードロープを押していたこともいい思い出だ。そして昨日が天龍と菊地の初対決だった。天龍のチョップ、グーパンチに怯まず前に出る菊地。フリーになってからの菊地の必死さには胸が打たれるものがある。
 若い妻木がムキになって天龍に突っかかっていったのもよかった。妻木は1986年7月生まれ。天龍革命の1年前、天龍がジャパン・プロレスとして全日本に参戦していた長州と抗争を繰り広げていた頃に生まれた若者である。普通なら戦うことなど考えられなかっただけに、これはレスラーとして大きな財産である。
 天龍と石川の絡みは鶴龍対決をイメージさせるものだった。石川は普段はあまり使わないジャンピング・ニーを決めて「オーッ!」。実は石川はおばあちゃんの影響で子供の頃は天龍派ではなくジャンボ派だったとのこと。鶴龍対決時代はプロレスから離れていて観ていなかったため、今回の対戦にあたってYouTubeやニコニコ動画で研究したという。
「天龍さんは怖さという今のプロレスで失われているところを持っていると思いました。僕も、楽しいこともするけど、怖いと思われるレスラーでいたいと思います」と石川。そう、みんなが先人から吸収出来るものはドンドン吸収すればいいのだ。
 天龍自身はまだ万全とは言い難いが、体調は明らかに上向いている。何より気力が充実している。これからも“プロレス”を若い世代に植え付けていってほしい。誰もが天龍に触れて何かを感じ、何かを学ぶ。そこにミスター・プロレスの計り知れない存在価値がある。
 夜の新日本プロレス後楽園大会については明日、書きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です