Gスピリッツ次号は“炎の飛龍”藤波特集!

藤波表紙改訂版_1.jpg
 3月30日(水)に発売されるGスピリッツVol.19はデビュー40周年を迎える藤波辰爾大特集! 巻頭の藤波への4万字インタビューは私が担当させてもらった。実は、私が初めてインタビューしたレスラーは藤波。それも高校2年生の時だった。当時、新日本プロレス・ファンクラブ『炎のファイター』を設立した私は、会報第1号用の目玉企画として藤波にインタビューさせてもらった。1978年6月1日の日本武道館だったから、もう33年も前のことだ。
 そんな経緯もあって、今回のインタビューは雑談を含めると5時間にも及んだろうか。日本プロレス入門から現在まで…特に自伝でもあまり触れられていない日本プロレス時代の話、40年間培ってきたプロレス論はぜひとも読んでいただきたい。
 主な内容は以下の通りです。
【4万字インタビュー】
藤波辰爾の過去・現在・未来
【回想】
長州力
天龍源一郎
北沢幹之
グラン浜田
新間寿
チャボ・ゲレロ
カネック
ミル・マスカラス
【特別企画】
“放浪の殺し屋”ジプシー・ジョー「77歳のバンプ哲学」
全日本格斗打撃連盟総裁・琴音隆裕「師・力道山」と「盟友・猪木」
【好評連載】
実録・国際プロレス(第9回)=森忠大 元TBS運動部部長
カンジ・イノキのアメリカ武者修行(第4回)
ミル・マスカラス 謎の1033日(第2回)
“太陽仮面”ソラール誕生秘話

「Gスピリッツ次号は“炎の飛龍”藤波特集!」への3件のフィードバック

  1. ジュニア時代の華麗な活躍、
    ヘビーに転向してからの苦悩、
    長州との「名勝負数え歌」、
    猪木越え…
    様々思い出があるレスラーです。
    個人的にはゴールデン撤退やUWFブームで新日本が割を食っていた時代に孤軍奮闘していた頃も好きだったりします。
    あんなに体張って真摯に団体を守ろうとするレスラーの姿は見たことがないです。
    その先にあった猪木さんとのフルタイムの試合も素晴らしかった。
    もっとも尊敬するレスラーの一人です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です