昨日の全日本のベストマッチ!

 昨日の全日本プロレス2月シリーズ開幕戦は、休憩前に行われた第3試合の真田聖也&征矢学vs関本大介&岡林裕二のタッグマッチが素晴らしかった。
 私は、まずグラウンドで探り合い、緻密に試合を組み立て、そこには心理的な駆け引きもあるという戦いが好きだが、昨日の若い4人の気力、体力、技と力を真正面からひたすらぶつけ合うという試合も好き。それはベテランには到底できない戦いだからだ。「やはり若さは素晴らしい!」というのが実感だし、爽快感があった。
「無意識に動く若手レスラーの試合の中にプロレス最高のテクニックがある」とはザ・デストロイヤーの名言。まさにその通りだと思う。若いレスラーにも、経験を積んだベテラン・レスラーにも、それぞれの良さがある。それぞれを楽しめれば、プロレスは本当に楽しいものだ。

「昨日の全日本のベストマッチ!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です