プロレスの哲人

 11月3日(水)の深夜12時からサムライTVで『プロレスの哲人~ゴールデンタイムトーク~』が放映される。進行役を東京03の豊本明長さんが務め、GKこと金澤克彦、前週刊プロレス編集長の佐久間一彦、サスケソムリエの鈴木健、フリーライターの紅一点・佐々木亜希、東スポの高木圭介の各氏、そして私が哲人として登場して逸話を披露するというもの。そして解説兼審査員はプロレス・マスコミ界の重鎮・菊地孝さん。菊地さんが哲人の名前が書かれたカードをシャッフルして、選ばれた人間が持ちネタを披露、そこに他の哲人が突っ込みを入れたりした後に菊地さんが伝説入りか、不合格を判断するという結構シビアな番組なのだ。
 正直、逸話といっても難しい。お笑い系の話がいいのか、泣ける話がいいのか…。いきなり辛気臭い話を持ってきても視聴者は引いちゃうんじゃないかとか、いろいろと考えた。それに喋る人間はカードによって決まるから、下手をすれば一度も話さないまま番組が終わってしまうかもしれないし、何回も当たってしまう可能性だってある。
 いざ本番になるや、哲人たちの話は引き出しがそれぞれ違うだけに本当に面白く、収録時間を軽くオーバー。一体、どう編集されるのか楽しみだ。で、私はどうだったかって? ああ、菊地さんが不合格の札を…。あとは番組を観てのお楽しみ!

「プロレスの哲人」への1件のフィードバック

  1. プロレスの哲人見ました。天龍選手の話は以前竹内さんが週刊ゴングのコラムの中で書かれていましたが(天龍選手に対するわだかまりがない事や残った選手の事を考えて上げれない)、武井さんが交渉していると思っていて、まさか小佐野さんが馬場さんと交渉されていた事は知らず、驚きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です