Gスピリッツ第13号の表紙は…三沢光晴!

vol13表紙_1.jpg
 9月30日(水)発売のGスピリッツ第13号の表紙を発表します。そう、今回のフロントカバーを飾るのは三沢光晴。今号は三沢特集だが、いわゆる三沢追悼特集ではなく、Gスピならでの視点でプロレスラー三沢光晴、三沢プロレスを語る上で欠かすことのできない四天王プロレスを考察している。
 出てくる面子が渋いって? これには当然、この人たちでなければならない理由がある。内容については発売日までに折に触れて書いていきたいと思う。ハッキリ言って、かなり深い内容の一冊になっています!

「Gスピリッツ第13号の表紙は…三沢光晴!」への1件のフィードバック

  1.  阿修羅原、ターザン後藤、グレートカブキというのが魅力ですね。
     ところで阿修羅原といえば全日本を退団してた時代に自分腰の手術で入院していた時に、自分の同期でプロレスの事をを知らない女性が「原さんって自分の知ってる飲み屋さんに来るんだけど知ってますか?」といわれ「知ってるも何もサインがほしい」と言ってもらった事があります。退院したら阿修羅原さんと一緒に飲みたいと言ったら事の重大性に気がつきその女性から後日断られました。その後すぐにWARにカムバックしたことを思い出しました。
    13号楽しみにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です