敬老の日を前に

 5日間もダイアリーを更新出来ずに申し訳ありませんでした。さて、以前から書いているように、あまり私的なことを書くのは本意ではないのですが、今日は極めて私的なことを書かせてもらいます。そうしなければ先に進めないような気がしているので…。
 9月10日、母方の祖母が亡くなりました。98歳でした。一般的には天寿をまっとうしたということになるのでしょうが、肉親としては年齢に関係なく、いつまでも元気でいてほしかったし、その喪失感は表現出来ないものです。
 私は14歳の時に実母を亡くしているので、祖母は本当に大きな存在でした。金八先生いわく「親という字は、子供を心配して木の上に立って見ると書くんです」とのことですが、祖母はまさにそんな人でした。私と妹がいくつになっても、遠くから常に気にかけてくれていました。
 私は大学を中退し、ちょっと変わった職業につき、さらには04年の9月15日に43歳にして会社を辞めてフリーになるという生き方をしてきたので、きっと祖母の心配は尽きなかったと思います。でも、私は心配をかけないように、安心できるようにと思って生きてきました。気づいたらフリーになって5年以上の日々が過ぎました。母を亡くした後、祖母を悲しませてはいけないという気持ちがあったから、人の道を外すことなく生きてこれたんだと思います。これからも、もちろん自分の道を邁進していくつもりです。
 21日の月曜日は敬老の日。これを読んでくれている皆さん、おじいちゃん、おばあちゃんを大切にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です