ドラゴンゲートの猿虐待疑惑について

 この何日間か、ドラゴンゲートが神戸の練習場で飼育していたニホンザルへの虐待疑惑についての書き込みが続いていた。
 この“事件”は若手選手のブログに虐待を思わせる画像や書き込みをしてそれが話題になり、さらに兵庫県警への通報もあって、動物愛護法違反容疑で捜査の手が入っていることがすでに一般紙でも報道されている。
 ドラゴンゲートの対応は5月30日の公式ホームページで『弊社としましても、直ちにこれらの事実確認をすべく選手、スタッフ等関係当事者から事情を聴取するなどいたしましたが、「コラ」(ニホンザルの名前)は弊社道場において長年にわたって飼育されていた猿であり、飼育当番である若手選手・練習生の間のアイドルとして可愛がっていたものでありますが、インターネット上で批判されておりますような動物虐待の事実は発見されておりません」と虐待を否定しつつも「皆様方に対する信頼を回復し、皆様方からの疑念を払拭すべく、さらに慎重を期して、再度の事情を聴取するなど事実調査を続行しております』として、ブログを書いていた選手を無期限謹慎処分、管理不届きとして岡村社長の謹慎及び減俸処分を発表した。
 また一般紙で報道された後の6月25日にはやはり公式ホームページ上で『今回の騒動につきまして、隠蔽することなく、再度できる限りの調査を行い、また警察や関係省庁に対しても全面的に協力し、全てのことに関して事情をお話ししております。そして事実関係が判明するための最大限の努力を行っておりますことをどうかご理解ください。また、もし今後、新たな事実が判明した場合には、あらためて皆様にご報告申し上げるとともに、然るべき処分等を行う所存でございます。(中略)今後も今回の騒動の事実確認はもちろんのこと、再発防止、身体だけでなく心の教育にも力を注ぎ、管理、監督していく所存でございます。そして今後、選手はリング上で最高の試合をお見せすることにより、そしてスタッフは真摯な対応をさせていただくことにより、皆さまからの信頼を再度いただけますよう一丸となって努力していく所存でございます。(中略)この度の騒動で純粋に試合を楽しんでいただいていますたくさんのファン、そして動物を愛するたくさんの方々のお気持ちを傷つけ、またご心配をおかけいたしましたことを、選手、スタッフ一同、改めまして心からお詫び申し上げます』と記している。
 今回の件は事実関係を明らかにするのはもちろん大事だが、それ以前にニュースになったという時点でドラゴンゲートのみならずプロレス界全体のイメージダウンになったことは否めない。
 私の気持ちは「何があったのかをきちんと記者会見を開いて包み隠さず明らかにする責任は当然あるし、虐待の事実が認められたのなら、それを謝罪し、誠意を持って社会的な責任を果たしてほしい」という、ごく当たり前のものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です