ハッスルについて

 今日はお約束通りにハッスルについて書く。まず、私がハッスルを肯定…というよりも興味を持ったのは、その出発点がPRIDEを主宰するDSEが手掛けたことだった。PRIDEという勝負論のみのイベントを突き詰めた会社だけに、勝負論だけではないプロレスにPRIDEとは違った可能性を感じたのだろうというのが私の見方だった。
 ただ、そのスタート時に髙田延彦の『泣き虫』が出版されたことで「ひょっとしたらプロレス潰しかも…」と疑念が生じたのも事実。しかし、その後、プロレスファンの冷やかな視線を浴びながら髙田総統というキャラに真面目に取り組み、やり切る姿を見て、髙田のハッスルに賭ける覚悟を感じた。私がハッスルを肯定するようになったのきっかけは髙田総統というブレないキャラの出現からだったと思う。
 さて、問題の素人=タレントがリングに上がることだが、その技術面は素人なのは当然として「ジャンルは違っても、狂言もプロレスも失敗が許されてない真剣勝負の世界に変わりありません」と語っていた狂言師・和泉元彌に好感を持ったし、素顔とはまったく違ったインリン様に同化し、イメージを守るためにリスクを承知でピンヒールでリングに上がったインリンにプロ根性を感じた。プロレスには格闘技性、技術、勝敗、いろいろな要素があると思うが「人に勇気を与える」「人を感動させる」というのも大きな要素。その意味では泰葉にしても、試合自体は虚構だとしても、その虚構の中に“泰葉の本当”が見えたから、私は感じるものがあった。それを「プロレスではない!」と言われれば、それまでなのだが。
 HGとRGについてはレベルはともかくとして、これはもうプロレスラーという括りで見ている。シンに流血させられ、天龍や川田にボコボコにされてもリングに上がり続けたRGという存在も、私がハッスル肯定派になった要因だ。
 以前、ハッスルの山口社長は「成功した人たちは稽古の賜物だと思っています。やり直しがきかないナマの舞台で、お客さんに四方八方から見られる緊張感を知っている人は伸びていくし、TVタレントとして編集に慣れている人はダメですね。どっかでやり直しがきくとか、ライブの怖さを知らない人たちは対応しきれないですよ」と言っていた。闇雲にタレントを起用しているのではないのだ。
 本音を言えば、私もタレントがリングに上がるのに抵抗はないとは言わないが、ハッスルに上がる人たちはプロレスを舐めていないし、プロレスラーを同じパフォーマーとしてリスペクトしていることは確か。プロ意識という点ではプロレスラーと同じだけのものを持っているから、彼らのリングに上がる気概を素直に認めている。
 さて、昨日のハッスルだが、久々のハッスルは明らかにこれまでとは違っていた。第1試合の越中&KGvsレイ大原&赤鬼蜘蛛は純然たるプロレスの試合。特に去年の10月にデビューしたKGの成長には目を見張るものがあった。小路晃に格闘技を、TAJIRIにプロレスを叩き込まれているだけあって、タイミングが良くなったし、蹴りに頼らなくなったことでレスラーとしての魅力が出てきた。
 第2試合の坂田亘と小路二等兵のシングルマッチは、小路の今後のストーリーに沿った試合ではあったものの、序盤はリングス出身の坂田と格闘家・小路らしくグランドの攻防、サブミッションの攻防で見せてくれた。第3試合の天龍&RGvsモンスターHG&パンチ・ド・Cはお笑いテイストを盛り込んだ試合だが、イベントの味付けとしては良かったのではないか。
 セミの川田vsボノくんは5分19秒で川田が勝つという短期勝負に客席から「エーッ!?」という声が上がった。だが、この試合は川田もボノも、激しさを全面に出したかったのではないかと思う。
 メインのマグナムTOKYO&TAJIRIvsボナパルト&ケイドは「プロレスだなあ」と思わせてくれる試合だった。もちろん昔と今ではスタイルも、飛び出す技も違うが、日本人vsラフな大型外国人のタッグマッチは懐かしさを感じさせてくれるものだったし、テクニックvsパワーという試合は理屈抜きに面白かった。個人的にはマグナムが本来の輝きを取り戻してイキイキと試合していたのが嬉しかった。スポーツ・エンターテインメントとしてはカッコイイ、華のあるスターが必要。その意味でマグナムはハッスルの新エースにふさわしい。
 以前のハッスルは“格闘技とは違う勝負論だけではない面白さ”を意識するあまり行き過ぎることも多かったし、お笑いの間にプロレスがあるという印象が強かったが、昨日の大会を観ての感想は、もちろんお笑いやストーリー展開があっても、あくまでも中心はプロレスだったということだ。
 髙田総統は7・26両国における『ハッスルエイド』でのアルマゲドンを予告しているが、ハッスルは確かに新段階に入っている。この両国を境にハッスルがどういう方向に進んでいくのか注視しなければならない。
P.S. 大阪プロレスのサスケ&アジアン・クーガーvsタイガースマスク&ブラックバファローの鉄人寸劇についてどう思うかという書き込みに答えていなかったので、ここで書こう。あの試合には私も感心できまなかった。タイガースとバファローはヒールであってもお笑いテイストを持ち合わせているから試合の味付け程度ならアリだと思うが、あの試合はちょっとやり過ぎ。4選手共、いいモノを持っていて、ちゃんとやればいい試合になるはずだけに残念! 最近はトンパチぶりばかりが目立つサスケだが、そろそろシリアス・バージョンも見たいというのが正直な気持ちだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です