Gスピリッツ第11号情報PART4=風間ルミの女気

DSC01704_1.JPG
 本日発売になったGスピリッツ第11号。今号も我々スタッフ&ライターにとっては丹精込めた自信作なので、ぜひ、購入してジックリと読んで頂きたいと思う。
 さて“総力特集=禁断の対抗戦 その時、何が起きた?”では、Gスピに女子プロレスラーが初登場。いや、正確には元女子プロレスラーだ。それはプロレス業界初の女性社長兼レスラーとして注目を浴びた風間ルミである。
 1992年女子プロレス界は戦国時代を迎えた。全日本女子プロレス、ジャパン女子プロレスの2団体時代から、ジャパン女子が分裂してJWPと風間率いるLLPWが誕生したのである。またFMWでは女子部門が確立されつつあった。
 そして対抗戦時代に突入するのだが、ドン尻で旗揚げしたLLPWは特異な存在だった。ハッキリ言って、女子プロ界から煙たがられている雰囲気で、全女と他の団体の対抗戦はお互いに認め合う交流戦的なあったが、LLPW絡みになると、なぜか全女は明らかに上目線で潰しにかかったのである。特に北斗晶とLLPWの抗争は男女含めて、対抗戦の歴史に残る凄まじさで、選手たちのナマの感情が爆発していた。
いかに全女との対抗戦がデンジャラスだったか、最後には上目線だった全女に全面対抗戦で勝ち越すところまで持って行ったLLPW選手たちの気概、ジャパン女子から道が分かれてしまったJWPの選手たちに対する想いなど、様々なことを聞き出すことができ、内容の濃い記事になったと自負している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です