新人レスラーの死亡事故について

 コメント欄に『あるリングで練習生が亡くなられたようです。しかもそれは故人の練習中ではなく、ダブル・インパクトの練習台だったそうです。小佐野さんは今回の件をどう思われますか?』という書き込みがあった。
 私はこの件についてまったく知らなかったのでネットで調べてみたが、10月18日に我道会館の新人レスラー、由利大輔さんがダブル・インパクトの練習の実験台(受け手)になった際に頭から落下し、24日に亡くなったという。
 本当に胸が痛む事件である。まず亡くなられた由利さんのご冥福を祈るとともに、御遺族にお悔やみを申し上げます。
 さて、これを知った時の私の正直な感想は“プロレスごっこで事故が起こった”というものだった。その“プロレスごっこ”をやっていたのが、事もあろうにプロのレスラーを名乗る人たちであったということだ。
 だいたい、ダブル・インパクトの練習をやるということ自体が信じられない。しかも、その練習台にしたのが練習生期間4ヵ月、デビュー4ヵ月で2試合しかやっていない新人だったというのも信じがたい話である。この軽率さは、とてもプロの人たちとは思えない。本当に危険なプロレスごっこの世界だ。
 ダブル・インパクトをフィニッシュにしていたロード・ウォリアーズは相手の技量によって相手を落とす角度をちゃんと調節していた。それがプロの技である。相手に致命傷を負わせない技術と、自分が怪我をしないだけの頑丈な体と受け身の技術を持っていてこそ、初めてプロレスラーなのだ。果たしてダブル・インパクトをやった人たちは技を調節できるだけの技術を持っていたのか? 由利さんはちゃんと受け身をマスターしていたのか? 指導者は教わる人間の命を預かっているということを自覚していたのだろうか?
 かつてインディーのレスラーを教えていたこともあるカブキさんは「基本は受け身だよって教えてもカッコイイことばかりやりたがる。それで怪我をしちゃう。俺が行く前は誰が教えていたんだろうって思ったよ」とこぼしていた。
 ハッキリ言って、昔の学生プロレス(現状の学生プロレスは知らないので昔と限定させてもらう)の方が自覚があった。大日本プロレスのメンズ・テイオーが学プロ王者だった時代だから、もう20年ぐらい前だが、当時の学プロは「プロレスを馬鹿にしているのか?」と白い眼で見られながらも、彼らは「自分たちが事故を起こしたらプロレスに迷惑をかける」と一生懸命、受け身の技術を身に付けていた。そうした姿勢がわかったからジャイアント馬場さんも「本当はそんな真似をしてもらっては困るけれども、怪我されちゃ困るから、教えてやろう」と、メンズ・テイオーたちを直々に指導した。その教えが脈々と今も学プロに受け継がれているようだ。
 また大学を卒業後、就職しながらもプロのレスラーになったことについてテイオーは「僕にとってプロレスラーは凄くリスペクトすべき存在だったんですよ。昔はプロの敷居が高かったんで、僕は学生プロレスでよかったんです。でもインディーが出始めたら“いやいや、キミらより学生プロレスの方がレベルも技術も能力も全然凄いよ”って。そんな奴らがプロを名乗って学生プロレスを馬鹿にするのが凄く悔しかったんですよ」と言っていた。
 今、誰でもプロレスラーになれる。ライセンスもないから「私はプロレスラーです」と言ってしまえば、誰だってプロレスラーだ。本来なら、他のスポーツのようにしっかりとシステムを作り、ライセンス制を取り入れて当たり前なのだが、残念ながらそれは不可能な話。かつて私は日本スポーツ出版社で『プロレス名鑑』を製作していたが、日本に何団体あって、何人のレスラーがいるのか把握するのは不可能だった。
 そんな現状の中でプロレスラーと名乗る人たちに訴えたいのは「プロとしての最低限の技術を身につけてください」「少なくとも受け身が取れるようになるまで試合をしないでください」「プロレスラーを名乗る以上はプロレス界に対して責任を負っていることを自覚してください」という当たり前のこと。
 今、ノアを中心としたSEMは団体の枠を超えて若手たちのレベルアップの場になっている。DDTの選手たちはノアの道場に積極的に練習しに行っている。こうした活動が大きな輪になっていってくれることを望む。
 今回の事故に関わった人たちには人の命の尊さ、事の重大さをきちんと受け止め、御遺族に対して誠実な対応をすることを望むし、業界に対してどういう形で責任を取るのかを考え、行動で示してほしい。
 本当に痛ましくて悲しい事件である。

「新人レスラーの死亡事故について」への5件のフィードバック

  1. 非常に答えずらい質問ではあったと思うのですが、お答えいただきましてありがとうございました。
    小佐野さんが仰るように、今回の関係者の方にはご遺族に対してはしっかりと対応して欲しいと思います。

  2. いずれ、今回と同様に繋がる恐れがある団体は
    他にもあります。
    障害者プロレスについてはいかがでしょうか?
    代表の北島氏は、自己責任論で逃げてます。

  3. 「拳論!取材戦記」さんと「ブラックアイ」さんの記事からここにたどりつき、読ませていただきました。
    事件に直接関わった当事者には、今からでも是非、誠実な態度を示していただきたい。
    故人のご冥福をお祈りいたします。

  4. 初めまして!
    私は血縁関係はないですが…遺族関係者です。
    由利大輔クン検索してたどり着きました。
    事件当初、関係者の発表もなく…家族の悲しみを間近で見ていて悲しくて怒りばかりでした。。
    今日、あちこちで報道されて、やっとか!?という思いです。
    徹底的に調べて、
    こんな事故は二度と起こらないように…と願わずにはいられません。
    遺族は、あれから大変な事になっています。
    ホントに悲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です