全日本プロレスに新展開

 昨日の午後2時から全日本プロレス事務所で記者会見が行われ、近藤修司の全日本入団が発表された。世界ジュニアが土方から丸藤に移動したのが、今回の決断の大きな要因だったという。
「エルドラドに一線を引いて、様々な選択肢があったんですけど、一番愛着がある世界ジュニアのベルトが他団体に流出したというのが一番の決め手になりました。4年近くブードゥー・マーダーズでやってきましたが、僕個人としてはブードゥーでやっていくことに限界を感じていたし、もう伸び代がない。次のステップとしての全日本入団であり、僕が必ず世界ジュニアのベルトを全日本に戻すという決意です」と近藤。
 これを受けて10・11後楽園ではカズ・ハヤシ&近藤修司vsTARU&ヤッシーというカードが組まれた。「全日本から僕に対する踏み絵。この試合をやることによって全日本の一員になる」と近藤は解釈している。
 あのコンブラが消滅するのは寂しいが、近藤の全日本入団は歓迎すべきことだと思う。去年2月、中嶋に世界ジュニアのベルトを奪われた後は、ジュニア・リーグ戦準優勝はあったものの、エルドラドと並行する形での活動だったために全日本マットではこれといったテーマがなかったし、近藤自身、一歩退いている感があった。世界ジュニアのベルトを巻いていた時には“ジュニアの絶対王者”と呼ばれていただけに、実にもったいない状況が続いていたのだ。また、シングルでは基本的にはブードゥーではなく正攻法だったから全日本正規軍の方が向いているはず。この決断の裏には様々な葛藤があったことは想像に難くないが、近藤の新たなスタートを素直に喜びたい。
 ヘビー級戦線では10・11後楽園でテンコジが鈴木みのる&太陽ケアの世界タッグに挑戦、11・3両国で鈴木がムタの三冠王座に挑戦することが決定した。一見、みのるが主役のようだが、これは本人にとってはリスクも大きなタイトルマッチ連戦。ベルト独占も考えられるが、一気に無冠という事態もあり得る。この春からGURENTAIとして活動しているみのるは、常に崖っぷちに立ち、緊張感を持って全日本マットに上がっている。後退が許されないのはフリーのトップレスラーの宿命か。
「ムタという独特の域に行くにふさわしい相手だと思います。人間力としても、レスラー力としても」というのがムタの代理人・武藤のみのる評だ。
 また10・11後楽園では雷陣の最終壮行試合として諏訪魔vs雷陣が再び組まれた。ふたりはあの9・13の悪夢を乗り越えなければならないし、諏訪魔にとっては三冠転落から再起への第一歩。雷陣にとってはカムバック戦であり、2年間のTNA遠征に向かうにあたっての大事な区切り。ここは両者ともに“いい汗”をかいてもらいたい。
「諏訪魔は今、ホッとしてるんじゃないの? まあ1回目の王者時代は終わったけどさ、いろいろ積み上げて、また新たな諏訪魔を見せてくれると思うよ。その時にまた勝負できたら」と、武藤も諏訪魔が這い上がってくるのを待っている。

「全日本プロレスに新展開」への1件のフィードバック

  1.  初書き込みですがいつも月曜のSアリ&ブログ楽しく見さして頂いております。さて、9月28日横浜のムタ三冠&丸藤jr王座奪取、翌日29日近藤電撃入団は最近の全日本のニュースは自分の中ではびっくりしましたし、久々に嬉しくサプライズなニュースだと思いました。
     自分は元々新日時代のムタ、武藤選手を見てプロレスが好きになり新日ファンになったので、他団体はほとんど見たこともなかったのですが、武藤選手全日移籍を期に全日本ファンになり全日本を見始めましたので、元子&武藤全日本の歴史しか知りませんが、主力選手大量離脱後の全日本から参戦している土方選手の王座陥落はショックですがある程度予測できる範囲だったのとノアとの絡みが続く事はとても興奮&歓迎して見ております。04年に三沢選手が全日マットに上がった時はお祭り的なカードで単発でしたが丸藤選手がjr王座奪取したことにより、定期参戦と他のノア勢との絡みが見込めるのだろうと予測しているので対カズや論外、近藤、ブラザー戦など実現すれば、ファンとしての妄想が広がって面白いと思います。
     また、昨日のVM近藤選手が触発され王座奪取の為に全日入団というニュースは少しびっくりしました。
    近藤選手は闘龍門時代から悪冠やVMとほぼヒール的なポジションやってきて、最近は悪冠再結成してエルドラド離脱という選択をしたのではフリーでやっていくんだなぁと思っていたし、ヒールとして、悪冠として、ドラゲーや他団体に乗り込んでいくんじゃないかと勝手に期待と予想をしていたので本隊としてやっていくとは思いにくいですが、いい意味でのサプライズじゃないかと思います。そして、10月11日のTARU&ヤッシー対カズ&近藤戦はjrに新たな風を吹き込んでくれると期待ししています。
    ここで、小佐野さんに質問したいのですが、丸藤王座奪取と近藤全日入団とjrの話題が多くなってきのに、なぜ全日本にはjr
    のタッグベルトがないんでしょうか?また、なぜ作らないのでしょうか?最近はKAI、T28、大和と若手も育ってきたし、ヘビー級よりキャストがいるのでjrタッグベルト可能じゃないかと思いますが・・・そのあたり全日本をよく知る小佐野さんはどのようにお考えなのか知りたいです。
    まだ、三冠の諏訪魔対ムタ戦のやアジアタッグなんかのことも自分なりの感想や質問してみたいのですが、かなり長文になりましたのでこれぐらいにします。まぁ、お忙しいと思うのでコメントを見ていただけるかわかりませんがとりあえず書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です