私が思うことは…

 一流のプロレスラーは相手のいい部分を引き出した上で自分の世界に引き込む。プロレス・マスコミの仕事も同じだなと私は思っている。
 その試合の、その大会の、その選手のいい部分を引き出して、いい記事を書きたいというのが私の基本精神だ。それはインタビューも同じ。特に今、私が主戦場としている『Gスピリッツ』のインタビューは時流に乗った話はしない。選手の人間性やプロレス観を引き出して初めて成立する。
 もちろん、いい部分を引き出すだけでなく、根底には冷静な目、批判精神も大事なこと。それはレスラーで言えばシュートの技術の部分ということになる。シュートな部分をきっちりと持った上で相手のいい部分を引き出しながら攻防(=取材)を繰り広げて、よりいい試合(=記事)を成立させる。我々、プロレス・マスコミもプロレスしているのだ。私はできるだけ観客(=読者)がハッピーになるような試合(=記事)をしていきたいと思っている。
 今は情報が氾濫している時代。中には悪意に満ちたものもあるだろうし、ガセもある。だから情報に振り回されずに自らチョイスしてほしいと思う。私は、私が書く原稿、インタビュー記事、ブログがプロレスを楽しむためのヒントになればいいと願っているが「つまんねぇな」「違うだろ」「アホか」と思う人がいるだろう。それでも構わないし、切り捨てられても仕方がない。どう感じるかは受け手側に委ねられているのだから。
 基本的に評価するのはファンであり、会場に足を運ぶお客さん。いくら私や他のプロレス・マスコミが「面白かった!」と書いても「つまらなかったよ。損したよ!」と思う人がいたら、それが圧倒的に正しいのである。逆に「面白かった」と思っているのに「つまらなかった」と書かれている記事を見たら気分が悪いだろう。その場合、自分が面白ければ、やっぱり面白かったのだ。そんな記事は無視すればいい。
 たとえば1年に1回しかプロレスが来ない土地に住んでいる人がいたとする。その年1回の興行を観に行って「この選手が一番良かった」「この試合が一番良かった」となれば、その人にとって、その選手がMVPであり、その試合がベストバウトのはずだ。
以前、鈴木みのるは「俺はマスコミ相手に試合してるわけじゃないから。その会場で“鈴木みのるが一番良かった。鈴木の試合が一番面白かった”って思ってもらえるかどうかが重要なんだよ。俺はその土地、その土地のMVPになりたいんだ」と言っていたが、その通りだと思う。
 以上が『あさださん』のコメントに対する私の答えです。

「私が思うことは…」への3件のフィードバック

  1. ある、ある。ありますよね、悪意に満ちた記事。
    私なんてマスコミに嫌われている長州さんのファンだから特にね。
    それこそ憎悪に満ち溢れた記事とか、今までたくさん読んできました。それでも私は今でも長州ファンだと胸を張って言えますよ。
    決して逃げてるわけではなく、つい先日も発売された長州バッシング本を購入し読んだりもして、こういう声もまた現実だと受け止めながら。決して気分良いもんじゃないですけど … 。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です