ヨネの意気地

 昨日はジュニア・デー。後楽園ホールの『PREMIUM』はジュニア主体の大会だったし、ディファ有明のノアはジュニアヘビー級タッグリーグ戦の折り返し地点。で、私が選んだのはディファ有明。KENTA&石森vs勝彦&飯伏が観たかったのだ。
 実際、素晴らしい試合だった。KENTAと勝彦の意地の張り合いは相変わらずだし、昨年の最終戦でKENTAにフォールを奪われている飯伏も雪辱とばかりに奮闘。石森は新日本参戦時にタッグを組んでいた勝彦に闘志剥き出し。そして気持ちの部分だけでなく、そこに技術が加わって攻守が激しく入れ替わるのだからスリリングだ。最後は残り試合時間20秒の29分40秒、勝彦が変形原爆固めで石森をフォール。きっちりと勝負をつけて大会のメインを締め括った。
 まあ、詳しいことは週刊プロレスに任せて…今日、本当に書きたいのはモハメドヨネのことだ。ヨネは8・23後楽園の開幕戦で森嶋と組んで健介&起田と対戦、激しい当たりを見せて「健介オフィスの友情ごっこ、仲良しこよしが鼻につくんですよ!」と吐き捨てていたが、昨日の森嶋&平柳と組んでの健介&起田&健斗戦でもキラーぶりを発揮。とにかく「お前らには、いいところを取らせない」というファイトぶりで、最後も健斗の体が折り曲がるような逆片エビ固めで、わずか4分27秒で試合を決めてしまった。
「どこまで曲がるかなと思ったら、あそこまで曲がっちゃいましたよ(笑)。健介ファミリーですか? 生理的に気に食わないんですよ。健介ファミリーとか名乗っているけど、あの人(健介)がトップでいいカッコしたいだけでしょ? 俺もヨソからノアに来て、ようやく今がある。それをいきなり“佐々木健介、ここにあり!”ってやられたら、面白いわけないでしょ。だから俺は、当たった時には怖さを見せつけておかないと。今の状況は一昔前なら対抗戦ですからね。歯向かっていかなかったら、どうするんだってことですよ」
 ちょっとユーモラスで明るいイメージがあるヨネだが、元々はバチバチ集団バトラーツの出身。健介ファミリーの出現によって、本来持っている毒が吐き出されれば面白くなるぞ!

「ヨネの意気地」への1件のフィードバック

  1. 始めまして。いつも小佐野さんのブログ楽しく拝見しています!
    自分も昨日のディファの試合を見てヨネ良かったと思ったのですが、あの戦い方を健介ファミリィーとの対戦だけじゃなくノアの選手と対戦してるときもだしていかないとこれからもいままでの明るいヨネで終わってしまうと思うんですよね・・・。
    小佐野のさんのおっしゃるように健介が良いきっかけになることを期待したいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です