諏訪魔の自覚&健介の充実感

 昨日は全日本プロレス名古屋大会のGAORAテレビ解説のため名古屋へ。メインは王者・佐々木健介に『チャンピオン・カーニバル』の覇者・諏訪魔が挑戦する三冠ヘビー級選手権だ。諏訪魔とは4月10日に一緒にサムライTV『S-ARENA』に出演したが、“これからの全日本を背負っていかなければいけない!”という自覚を凄く感じた。
 そして、いよいよ決戦。関係者に聞いたら、諏訪魔は誰よりも早く午前11時に会場入りして黙々と練習していたという。私の会場入りは午後1時過ぎ。「先日のテレビではありがとうございました」と挨拶してくれた諏訪魔の目は「今日は勝負しますよ!」と言っているようだった。
 試合は大勝負。いわゆる流れるような攻防のスイングする試合ではなく、ゴツゴツとした試合。客席からどう見えたかわからないが、グランドでも、チョップやラリアットの応酬でも、ともに一歩も退かないスリリングなものだった。
 今回の三冠戦を迎えるにあたって、追い風に乗っていたのは諏訪魔。全日本ファンの空気は完全に諏訪新王者。健介はノアの『グローバル・タッグリーグ2008』と『チャンピオン・カーニバル』に同時出場になったことから反感を買ってしまったというのが現実だ。
 だが、健介の三冠への思い入れもしっかりと伝わった。最初の執拗なヘッドロックは昨年8月に鈴木みのるから三冠を奪取した時の戦法だったし、キチンシンクからラリアットというシビアな畳みかけは05年2月の初対決で諏訪魔をぶっ潰した時を彷彿とさせた。
 それでも勝ったのは諏訪魔。フィニッシュがフロッグ・スプラッシュ…棚橋のハイフライフローと同系技になった、カーニバル決勝が頭をよぎったのか…。とにかく「何が何でも勝ちたい!」という気持ちが表れていたように思う。
 私が注目したのは、悲願の三冠奪取に成功した諏訪魔に笑顔がなかったこと。
「このベルトを巻いた人はすげえって思うよ。何か、すげえのしかかってくる。こんなんだとは思わなかった。試合前には“俺の時代にする”なんて強気なことを言ってたけど、このベルト巻いたら、そんな言葉は出てこないよ。凄い嬉しいけど、凄い幸せなんだけど、このベルトを巻いた瞬間から“これからは俺がシメなきゃいけない”って責任感でいっぱいです。馳さんからベルトを受け取る時も笑顔になれなかった。“喜んでいいんだろうか、俺”って…。佐々木さんとやれてよかった。いつもより何十倍も強く感じたよ。凄いよ。佐々木さんには“力で守り抜け”って言われたけど、やっぱり力で相手をねじ伏せる、そんなチャンピオンになりたいです。毎回、諏訪魔は凄いって言われる試合をやっていきたい。そして全日本を盛り上げていきたいです。このベルトに俺が成長させらそうな気がします」
 と、諏訪魔は謙虚だった。バトンタッチされた瞬間から、その重さを実感したのである。
 一方、敗れた健介とは、試合が終わって30分くらいしてから顔を合わせた。すでに着替えを終えて私服になっていた健介の表情は穏やかだった。
「負けちゃったけど、心地好い充実感があるよ。この1ヵ月、いろいろ言われたけどさ、俺はノアでも全日本でも全力で戦い抜いたっていう充実感があるんだ」
 と、ニッコリ笑った健介。充実感を噛みしめつつ、明日1日にはメキシコ遠征に旅立つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です