ガチ☆ボーイ

 昨日の「入場テーマ曲について」は好評だったようだ。何だかギスギスしてしまいがちな時事ネタより、こういう楽しめる話を今後、織り交ぜていこうと思います。
 で、入場テーマ曲については、また別の機会に取り上げるとして、今日は映画の話を。学生プロレスを舞台にした『ガチ☆ボーイ』を観てきたので、そのことを話題にしたいと思う。
 あらすじを大まかに書くと…主人公のマリリン仮面こと五十嵐良一(佐藤隆太)は高次脳機能障害によって、事故以前の記憶はあるが、事故以後の記憶は1日限り。つまり一晩寝ると記憶がリセットしてしまう。当然、学生プロレスの段取りも覚えられずに試合はガチンコになってしまうが、そのガチンコがウケて人気者になる。だがキャプテンのレッドタイフーンこと奥寺千尋(向井理)は「ウチのサークルのプロレスは安全第一でやっている」と、ガチンコを認めずに、五十嵐の病気を知って退部を迫る…などの様々なことがあったりする。でも五十嵐にとっては記憶は消えても、体に残っている痛みやアザが生きている証しなのだ。そしてクライマックス…マリリン仮面とレッドタイフーンは学園祭でタッグを組んで学生プロレス界のナンバー1タッグチームのシーラカンズ1号(金村琢己=瀬川亮)&2号(安藤銀次郎=みちのくプロレスのフジタ“Jr”ハヤト)と激突するというもの。
 私はメンズ・テイオーがテリー・ファ○クとして活躍していた頃の学生プロレスを観ていたので、当時を思い出して懐かしいような気分にもなったし、五十嵐を演じる佐藤隆太らがCGやスタント抜きにプロレスに取り組んでいることに感じるものがあった。ファイト・シーンは痛みが伝わってきて迫力十分なのだ。佐藤隆太はもちろん、シーラカンズ1号=根村琢己を演じる瀬川亮は高校時代にラグビーで神奈川県代表になったというだけあって、体つきもファイトも本物のレスラーのようで感心。
 記憶がなくても体が覚えている…それは日々の練習で習得したものが、試合中に意識が飛んでしまっても無意識に飛び出して、最後まで戦う実際のプロレスラーと同じ。この映画は、プロレスに興味がない人が「本当のプロレスも観てみようかな?」と思えるんじゃないかと思う。作品にも出演者にもプロレスへの真摯な姿勢とリスペクトが感じられて心地好かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です