波乱含み!多留GM新体制

 昨日の新宿FACE大会から多留GMによるエルドラド新体制がスタートした。あのブードゥー・マーダーズのTARUのイメージを払拭するべくスーツ姿でリングに経った多留は、
「本日はエルドラド新宿FACE大会にお越し下さいまして誠にありがとうございます。GMを務めさせていただく多留でございます。エルドラドを楽しく、面白い団体にしていきたいと思いますので、よろしくお願いします」
 と丁寧な挨拶。全日本や新日本、ロックアップでの極悪非道ぶりを考えると、失礼ながら笑えてしまう。 
さて、新体制となったこの日のカードは多留GMの独断による当日カード発表。大会前にヘルデモンズに裏切られた菅原拓也が多留GMに、
「あいつら4人(ヘルデモンズ=バラモン兄弟、KEN45、豪)とやらせてもらえなかったら帰る!」
 と、ゴリ押し。これがTARUだったら菅原をボコボコにしているところだろうが、多留GMは大会を成立するためにこの要求を飲んだ。
 第1試合は近藤、アントーニオ本多のSUKIYAKIに無所属の大柳、フリーの佐藤悠巳が合体して、大鷲、ベアー福田、CHANGOの猛獣惑星+佐々木大輔(フリー)と8人タッグで激突。第2試合ではNOSAWA論外&TAKEMURAの東京愚連隊にSUKIYAKIの谷嵜&清水がアタック、第3試合では猛獣惑星入りした荒谷がジャンピングキッド沖本に圧勝した。
 セミでは何とYASSHIとDDTの飯伏が異色コンビを実現させて、猛獣惑星のKAGETORA&ヘラクレスオオ千賀と対戦。YASSHIと飯伏は連続ジャーマン、ダブル・ハイキックなどの連係も見せた。だが、この試合は2・27後楽園への布石で、試合後にKAGETRAが飯伏にタッグ結成を呼びかけて飯伏がこれを快諾。多留GMは2・27後楽園でこのKAGETORA&飯伏と近藤&YASSHIのブードゥー・マーダーズを対戦させ、その勝者を東京愚連隊(NOSAWA論外&MAZADA)のUWAタッグ王座に挑戦させることを決定した。
 メインの菅原VSヘルデモンズの1対4は試合にならず、わずか2分36秒で両者リングアウト。ここで多留GMが、
「人のGM就任興行を台無しにしやがって!」
 とヘルデモンズに激怒。そして、
「近藤、大鷲、ブラザー! お前ら、菅原と4人で上がってきたんだろ! 男だったら助けに来んかい!」
 と叫ぶと近藤、大鷲、YASSHIが菅原救出に駆けつけて、急遽、近藤、大鷲、YASSHI、菅原とヘルデモンズの8人タッグによる再試合となった。そう、悪冠一色が電撃復活したのだ。最後はかつての仲間の援護を受けた菅原が十三不塔でKEN45をフォール。
「菅原、俺はな、お前を助けに来たわけじゃない。多留さんに呼ばれたから来ただけだ。勘違いするなよ」
 と吐き捨ててYASSHIと共に去った近藤に対し、大鷲は、
「お前、昔、悪冠一色を再結成しようとした時にお前ひとりが違う道を選んだよな。この俺様がお前に手を差しのべるのは今日が最後だ…一緒にやろうぜ!」
 その手を菅原が握り、2・27後楽園では大鷲、菅原、荒谷のトリオがバラモン兄弟&豪とUWA世界トリオ王座を争うことになった。
 試合後にもハプニング…マグニチュード岸和田が売店にいた近藤と谷嵜を襲って12・29後楽園に続く参戦アピールだ。
 こうしていろいろあった多留GM就任初興行だったが、話を整理すると、多留GMはこれまでのSUKIYAKI、猛獣惑星、ヘルデモンズのユニット分けを尊重しつつも、こだわり過ぎないマッチメークに移行したい模様。それがKAGETORAと飯伏の合体、2・27後楽園での近藤&YASSHIのブードゥー・マーダーズ、大鷲と菅原の握手である。ただし、猛獣惑星の一員であるベアー福田は大鷲と菅原の握手、荒谷の加入に異議を唱えており、今後ゴタゴタしそうだ。
 そして外部の血の導入。今後、東京愚連隊の存在は大きくなるだろうし、マグニチュード岸和田は今後のカギを握る男。すでに多留GMは2・27後楽園での谷嵜VS岸和田を決定事項にしているものの、これに関しては選手たちの反発は大きいのだ。大鷲も、
「いくら多留さんに権限があるといっても、これだけは譲れない。あっち(ドラゴンゲート)とこっちを自由に行き来しようなんて…またがせちゃいけない一線というのがあるんですよ」
 とカタい。
 また一方でバラモン兄弟は、
「多留がGMなんて誰が認めたんだよ? 今日だって悪冠一色をやりたかっただけじゃねーか。GMはスラングでゴミって意味なんだよ。俺たちがゴミをエルドラドから追放してやるよ!」
 と多留GM体制に反発している。
 新たな展開と選手たちの感情の揺れ動き…ある意味、多留GMの導入はエルドラドにとって劇薬である。果たして、これが吉と出るか、凶と出るか!?
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です