12月30日の後楽園ホールの風景

 昨日の後楽園ホールは午後12時からアパッチ、午後7時からDDTの昼夜興行。昼のアパッチは会社の内部的な問題があって大会開催決定とチケットの発券の遅れなどがあったためか、寂しい客入り。それでも、
「当分、後楽園ホールでの興行は無理かもしれないですけど、今度、戻ってくる時には満員に出来るように立て直します。今日の大会にしても中止にしようという意見もありましたけど、ひとりでもチケットを買ってくれるお客さんがいる限りやる。アパッチのファンは我々、選手と一緒に戦ってくれていると思う。Hi69が帰ってくるまでに万全な体制にしたいと思います」(マンモス佐々木)
 と、選手たちのモチベーションは高い。長期欠場を余儀なくされているHi69はこの12月に退院、年明けに故郷・岩手に戻ってリハビリに入るという。左膝半月板損傷で欠場中の葛西は春には復帰の見込みだし、内臓疾患で長期欠場だった非道はメインのマンモス&佐々木貴VS真壁&石井に有刺鉄線バットを持って乱入、復帰近しを印象付けた。
 試合的に最も良かったのはセミの関本とGENTAROの一騎打ち。関本のパワーとGENTAROのインサイドワークの攻防の妙は30分間、まったく飽きることがなかった。
 夜の部のDDTは超満員札止めの熱気ムンムン。ダークマッチで観たくない選手第1位の大家健と第2位の高木三四郎が対決し、しかも大家は“三四郎被害者の会”の新藤リングアナ、佐野直、矢郷良明を公認凶器として使うという“らしいオープニング”からヌルヌル6選手による黄金のローション争奪ラダーマッチなどのお楽しみが随所に盛り込まれていたが、セミのメタル・ヴァンパイア(東郷、大鷲、諸橋晴也)VSアントン、Koo、諸橋正美はお笑いなしのバイオレンスな勝負。そしてメインのファン投票第1位になったKO-D王者HARASHIMAとインディペンデントワールド・ジュニア王者・飯伏の一騎打ちは両者の技巧とハードがぶつかり合った大勝負。数々のお楽しみの後にピシッと締める理想的な大会だった。
 一度、王座から転落したものの、HARASHIMAがKO-D王者になったのは、昨年の12月29日だった。そして今年に入ってHARASAHIMAの防衛戦がDDTのメインに据えられたが、当初はお客さんの反応は今ひとつ。それまでのDDTのカラーやノリと違ったからである。それが1年経ったら、お客さんは満足している。これは大きなことだ。
 社長でもある三四郎は「1年がかりで世代交代した年だと思います。それに対抗するべく俺らはレジェンド軍を結成したわけだけど、今のDDTの興行は俺が理想としていたものだと思いますね」と言う。
 
 数年前のDDTはプロレス業界の枠をはみ出した存在だった。それはそれで戦略として正しかったと思うし、斬新だったが、今、DDTは自信と力を持って業界内に進出している。
 それにしても先週は26日を除いて、後楽園ホールで毎日試合があるというスゴイ状態。そして、どの団体にも熱いファンがいた。プロレスの潜在的なパワーを実感させられた1週間だった。
 私の年内の取材は今日・大晦日の『ハッスル祭り』で終了だ。皆さんにとっては、どんな1年だっただろうか? 今年もまた、このサイトに付き合っていただきありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。では、よいお年を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です