ガチガチ&ゴツゴツ

 昨日の後楽園ホールでのロックアップはVSアパッチ、大日本、K-DOJO連合軍という形でなかなか面白かった。第1試合では和田&宇和野のリキプロとKAZUMA&瀧澤のK-DOJOの対抗戦。若手同士の対抗戦は感情剥き出しだからいい。真正面からのゴツゴツした意地の張り合いで、大技は宇和野のSTOとバックドロップぐらいなもの。最後は宇和野が逆エビで瀧澤を仕留めたが、チョップ&ドロップキックだけで前に出る瀧澤のファイトは好感が持てた。
 意外な…と書いたら失礼だが、存在感を発揮したのは大日本のシャドウWX。佐々木貴と組んで真壁&矢野のGBHと激突し、体力負けしない重量感あるファイトを披露。インディーと呼ばれるレスラーは、どうしても体格的、体力的に新日本の選手に劣るが、シャドウWXは見劣りしない。今後、対GBHで光っていきそうだ。
 そして痛快だったのが長州、マシン、AKIRAの新日本レジェンド軍に挑んだ金村、黒田、GENTAROのアパッチ勢。アパッチにはレジェンド軍の威光は通用しない。長州に維新軍をパクるかのような太鼓の乱れ打ち、黒田の鉄柱を使った「もう一丁!」も哲ちゃんカッターも普段と変わらずに飛び出したし、金村&黒田のキス→Wエルボーも決まった。相手が誰であれ、自分たちのキャラを発揮するのがアパッチなのだ。
 メインの石井VS関本はお互いの肉体をぶつけ合う原始的な戦い。バッチーン、バッチーンと大音響のチョップ合戦、首を刈り取らんばかりのラリアット合戦、ゴッツン、ゴッツンと鈍い音が館内に響くヘッドバット合戦…誰もが納得の試合だったと思う。最後は石井の粘り勝ちという感じだったが、どこのリングでも、誰が相手でも肉体勝負をしている関本には本当に頭が下がる。
 ただ、残念だったのは、この試合後にGBHとインディー連合の大乱闘になって試合の余韻がかき消されてしまったこと。できれば、この日ばかりはきれいに終わってほしかったと思ったのは私だけではないはずだ。
 という残念な部分はあったものの、対抗心むき出しのガチガチ&ゴツゴツした大会は、最近はあまりなかっただけに新鮮だった。きっとこれこそが長州力が理想としている世界なのだろう。それは反対側に回っている金村キンタローも同じだろう。3年前、長州が新日本の現場監督に復帰した際にインディーを起用して批判を浴びたが、今年に入って真壁がブレイクしたきっかけを作ったのはアパッチのリング。来年、インディー連合との戦いが本格化することによって何が生み出されるのか、注目したいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です