ドラゲー&ラジオ

 昨日は9月22日の大田区体育館以来のドラゴンゲート。例によって後楽園ホールはチケット完売の2350人=超満員。本当にこの団体の集客力には感心させられる。若くてコンディションのいいレスラーが揃い、それぞれの試合にテーマがある。レスラーたちはただ身体能力の高さや技術を見せるだけでなく、そこには素の人間性も垣間見れるのだから人気があって当然だろう。ストーリー重視の今のプロレスの風潮にあって、ドラゲーはストーリーがありながらもプロレスの知識がない一見さんにも十分に楽しめる内容になっている。
 会場入りするやCIMAが「小佐野さん、腰はもう大丈夫ですか?」。ウーン、ちゃんとブログをチェックしてくれているようだ。そういえば、ゴングが休刊になった直後に会場に行った時には「ブログ用になんか喋りましょうか?」と言ってくれたっけ。私のブログまで読んでいるなんて、本当にCIMAはプロレスが好きなんだなあ。今度、ドラゲーについて書いた時にはコメントを返してください!
 さて、試合だが、ラジオ出演があるため、休憩時間前の第4試合途中で退散。CIMAと鈴木健想の絡みは観たかった!
 午後9時前にJ-WAVEがある六本木ヒルズ森タワーへ。おおっ、何だかテレビのニュースで見るような会社のオンパレードのようなビルだ。セキュリティが厳しく、さらにフロアーはどこも禁煙だから、とても私が働けるような場所ではない。
 私が出演したのはアンジャッシュの渡部健がナビゲーターを務める『PLATON』という番組。10時~11時45分という長い番組で、毎日、テーマを決めて哲学するという。この日のテーマはもちろん『プロレスを哲学する』だ。台本を見ると、チョー真面目。放送作家は2年前にTBSテレビ『R30』のジャンボ鶴田特集に出演した時と同じ人で、私のことをよく知ってくれているから心強かった。そして渡部さんも凄く真面目な人。さらに途中からスペシャルゲストとして高山善廣登場! 論客の高山クンもこれまた心強い存在で本当にリラックスして喋ることができた。
 番組の途中で小橋建太から「今、聞いています」というメールが入ってきて、
「高山選手は小橋選手の練習のやり過ぎを心配していたけど、こうやってラジオを聴いてリラックスしているなら安心ですね」(私)
「いや、きっと道場でベンチプレスやりながら聴いているんだよ(笑)」(高山)
 などのやりとりも。アッという間の1時間45分だった。
 ちなみに放送での私の肩書きは“週刊ゴングの元編集長”。番組内で今のフリーとしての立場を喋り、『Gスピリッツ』の宣伝もさせてもらったが、世間的には“週刊ゴング”というのが通りがいいわけだ。それだけ“ゴング”の看板は大きい。今後も私には“元週刊ゴングの…”というフレーズが付いて回るだろう。それは誇りでもあるし、光栄でもあるが、大きな看板に負けない、恥じない自分になっていかねばと思った次第だ。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です