心の栄養×2

 振り返ると、子供の頃の私は父親の仕事のために引越しが多かった。小学校は3つ行ったし、中学校も2つ行っている。同じ場所に住んだのは長くても4年。そんな私が子供時代に一番長く過ごしたのが小学校を卒業したクラスだった。そのクラスの同窓会が27日に7年ぶりに行なわれた。
 このクラスは小学校4年生から卒業までずっと一緒。私は4年生の2学期から転校生としてこのクラスに入った。ちなみに卒業式は金曜日で、その夜の『ワールドプロレスリング』はアントニオ猪木VSストロング小林の世紀の一戦だった。まあ、それはいいとして、子供時代の3年間というのは凄く長いから、結束力が強い。卒業から33年以上が経っても、ほとんどの人間の連絡先がわかっている。だから卒業し、中学2年終了時に引越し、その後に1人暮らし、結婚…と転居を続けてきた私にも必ず連絡がくるのだ。
 先生は、あの頃と全然印象が変わっていなくて若い! 7年前の同窓会以来に会う奴、あるいは十何年ぶりに会う奴…いずれにしても空白期間が長いのだが、すぐに顔がわかるし、時間の空白を感じないのは“根っこ”が同じだからだと思う。お互いに“あの頃”を知っているから、今になってカッコつけても意味はない。本当に自然体で付き合える。あっという間に時間は午前4時を回っていた。
 このトシ(46歳)になれば、人はいろいろなことがある。でも、みんなが逞しく卒業後の人生を歩んでいるのが嬉しくもあり、励みにもなった。ありがとう!
 そして昨日29日はソウ君&リエコちゃんの結婚披露パーティー。ソウ君は私より一回り下、リエコちゃんは14歳下の友達だ。約4年半前から付き合い始め、いろいろあったけれども、今年の6月に入籍、7月にハワイで結婚式を挙げ(さすがにこれには行けなかった)、そして披露パーティー。町内会の人たちが集い、手作り感いっぱいのパーティーからは“幸せのオーラ”をたくさんもらった。おめでとう!
 同窓会と結婚披露パーティーは私にとって“心の栄養×2”だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です