『Gスピリッツ』第2号・付録DVDの見所です!

10月3日(水)に発売される『Gスピリッツ』第2号の付録DVDは全日本プロレス特集! 全日本プロレスと、GAORAの全日本中継を手掛けている制作会社ブロンコスの協力で実現するものだ。
 収録されているのは、まず04年4月20日、東京・代々木第二体育館で行なわれた『チャンピオン・カーニバル2004』優勝戦の武藤敬司VS佐々木健介。今でこそ三冠ヘビー級王者として全日本のエースに君臨している健介だが、この時の状況は今とかなり違う。03年12月にWJからフリー宣言、新日本の1・4東京ドームで永田裕志と大流血戦をやってのけた健介は、新日本同様に全日本にも“外敵”として殴り込み! ヒール的要素が強いのだ。そのあたりを踏まえて観ていただければ面白いと思う。
 もうひとつは昨年8月27日、東京・両国国技館で行なわれた近藤修司にカズ・ハヤシが挑んだ世界ジュニア・ヘビー級選手権。こちらはジュニア・ヘビー級リーグ戦で優勝したカズが、最強王者と呼ばれる近藤に“全日本最後の切り札”として挑んだ試合。この試合は当日のPPVで私が解説したものだが、この日のベストバウト。大会終了後の打ち上げでカズに「お世辞抜きで今日のベストバウトだよ!」と言ったほどオススメの試合だ。この日の大会というよりも、去年のベストバウト候補のひとつなので、ぜひご覧頂きたい。
 その他の収録試合については、本を買ってからのお楽しみということで…。

「『Gスピリッツ』第2号・付録DVDの見所です!」への3件のフィードバック

  1. 個人的には去年のベストバウトですので、近藤vsカズの試合を見たいがために雑誌を買うかもしれません(笑)。

  2. 第2号予約しました。
    プロレスファンで見ることの困難な地上波の放送時間とプロレスファンがかならずしもCSに加入しているかとも限らないのでDVDの付録は魅力と思います。ただ雑誌自体が写真集のような紙質でなくても良いですから価格を下げてくれると助かりますね。でも週刊ゴング2冊分だから良いのかな。

  3. えらい昔の出来事が表紙になっていましたが、なぜ最近のレスラーや出来事を表紙にしないのかわからないです。
    中身もまるでプロレス回顧録みたいな感じでちょっとがっかりしました。
    もっと最近のレスラーを取り上げて欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です