昨日のハッスル・ハウス

 昨日は後楽園ホールで『ハッスル・ハウス28』。オープニングでは坂田亘がファンに結婚報告をし、そこに“ハッスルの妖精・小池栄子”に扮した川田が出現してツッコミを入れるという、お楽しみでスタートだ。それにしても川田は芸達者。歌だけでなくシャベリもOK! ここまできたら、トコトンやってもらいたいという気分になる。ちなみに坂田の新妻・小池栄子はお忍びで会場に来ていた。
 地上波放映スタートによってハッスルは活気づいている。サプライズとして、あの西村修が「ガンジスの蛙、インド洋を知らず」と、ムガール帝国の賢人ニシム・ラマとして登場したのだ。
 キャラ付けは別として天龍にしても、西村にしてもハッスルの世界に入ってきたのは「そこに一体、何があるのか?」「これにはどんな可能性があるのか?」という気持ちからではないか。そして、実はハッスルのプロレスは、理に適ったセオリー通りであるというのも大きなポイントだと思う。以前、TAJIRIはこう言っていた。
「何だかんだ言われますけど、ハッスルのプロレスが一番まともだと思いますよ。ひとつひとつの技、フィニッシュ・ホールドを大切にしているし、反則だって必ずレフェリーの死角を衝いてやる。今、ないがしろにされている当たり前のことをやっているんです。ボクはハッスルを通じて、プロレスを本来のものに戻したいんですよ」
 だからかつてのアメリカン・プロレスをベースにする天龍と西村がそこにいるのだと思う。
 メインは天龍とRGがWARGを結成して大谷&アン・ジョー司令長官と激突。試合は大谷とアン・ジョーのシビアな攻めを耐えたRGが、アン・ジョーを回転エビ固めに仕留めたが、この回転エビ固めが見事だった。思わず涙するRG。RGはメインの重責を理解していた。
 そして天龍は、このRGを支え、ハッスル軍と一体になっていた。試合終了後、笑顔で客席四方に向かって“ハッスル! ハッスル! フォフォフォフォー!”のパフォーマンスをやる天龍。その姿を見て、天龍がこのハッスルの発展に全力を傾注しているのが改めてわかった。表面的には20年前の天龍同盟の時とはまったく違う姿。だが、その根底にある“何かに懸ける心意気と姿勢”は変わっていない。何年経っても天龍源一郎は天龍源一郎である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です