究極龍のサスケへのメッセージ

 昨日は後楽園ホールで『第4回ふく面ワールド・リーグ戦』が開幕。それにしても凄い熱気だった。前売りチケットは完売。当日券は立ち見席だけとなり、みちのく始まって以来の後楽園ホール札止め! 何より大会を楽しもうというファンのハッピーなオーラが充満していて心地好い空間ができあがっていた。「お楽しみはこれからだー!」というハヤブサの開会宣言にはジーンとくるものがあった。
 トーナメント1回戦ということでオープニングの6人タッグ後はシングル8試合が組まれたが、ダレることなく各試合が楽しめた。やはりマスクマンが揃うと非日常の華やかさがあっていい。中でもサムライVS獣神メカマミー、タイガーマスクVS菊タロー、ライガーVSビリーケン・キッドが好試合。いずれも新日本絡みの試合であり、それを考えると新日本のジュニア戦士の底の深さがわかる。
 そして注目のメインはグレート・サスケVSウルティモ・ドラゴンの師弟対決。90年3月、ユニバーサル・レスリング連盟が旗揚げした時、若きエース浅井嘉浩の付き人になったのが素顔のサスケだった。その後、91年10月に浅井はウルティモ・ドラゴンとしてユニバからSWSに移籍したが、その際に浅井はトレードマークだった忍者コスチュームをサスケに託している。
 これは大一番だ。この先、この2人が一騎打ちをやるというシチュエーションは想像しにくい。次の『ふく面ワールド・リーグ戦』の開催が2011年ということを考えると、これが最後の一騎打ちになる可能性が強い。
 5ヵ月ぶりの試合だというのにサスケはブランクを感じさせずに飛びまくった。一方のドラゴンもラ・ケブラーダなど、惜しみなく技を繰り出した。最後はアサイDDT3連発! ドラゴンに凱歌が上がった。
「サスケ、政界よりも、このリングの方がいいだろ? だけどな、お前が政治の世界に入って休んでいた間、このプロレス界、そんなに甘くねぇぞ。お前なら、プロレスの世界でもまた一からやり直せる。みちのくプロレスは、お前がいなきゃ駄目だ!」
 とサスケに呼びかけたドラゴン。ドラゴンは左肘手術の失敗で31歳~35歳というプロレスラーとしての全盛期を棒に振っている。それでもカムバックを果たした。だからこそサスケに「もう一度!」と呼びかけたのだ。そういえば、この日のドラゴンのコスチュームは96年8月5日の両国でジュニア8冠(IWGPジュニア、WWF世界ライト、NWA世界ジュニア、NWA世界ウェルター、UWF世界ジュニア・ライト、WWA世界ジュニア・ライト、WARインター・ジュニア、英連邦ジュニア)統一をかけた試合でサスケに敗れた時と同じ赤、緑、白のメキシコ国旗をあしらったものだった。これは「俺に勝ってジュニア8冠王者になった時を思い出せ!」というドラゴンのメッセージだったのではないか。
「死ぬまでやらせて下さい! これまでの私の人生、リングの中でも外でも敗北と後悔の繰り返しでしたが、しかし絶対に諦めません。なぜなら、皆さんがひとりでもいる限り、みちのくプロレスは永遠に不滅だー!」
 と、返答したサスケ。サスケは今回の結果を踏まえてマスクマンとしては一区切りをつけたいという。かつての師ドラゴンに新たなパワーを注入されたサスケの第2章に注目したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です