ヤッシーが辻本恭史になる時

 昨日は後楽園ホールでエルドラドの1周年興行。エルドラドの選手は、普段は他団体で活躍している。全日本でブードゥー・マーダーズとして大暴れしている近藤&ヤッシーしかり、DDTを主戦場にしている大鷲、ゼロワンMAXを主戦場にしている菅原しかり。だが、このホームリングに帰ってくると立ち位置が変わるから面白い。近藤はSUKIYAKI、ヤッシーは南京Fuck`nレスリング部、大鷲は猛獣惑星(アニマル・プラネッツ)、菅原はHELL DEMONSとユニットが4つに分かれて対抗しているのだ。
 他にもDDTで同じハワイ軍団のディック東郷とアントーニオ本多が6人タッグで激突したのは新鮮だったし、初参戦のTARUが「こんなしょうもない、くだらない団体はぶっ潰してやる!」と宣言していたから、エルドラドのリングでは、全日本では考えられないTARUと近藤、TARUとヤッシーの激突が見られるかもしれない。
 さて、昨日のお目当てはヤッシー。軍団解散をかけて近藤と激突したが、その2日後…つまり明日には愛知県体育館における『HEAT4』に参戦して初の総合格闘技戦を行なうのだ。
 本名の辻本恭史としてリングに上がったヤッシーは近藤と真っ向勝負。パンチ、キックの打撃、アマレス仕込みのタックル、マウント・ポジションからのパンチなどの格闘技仕様のファイトも披露。対する近藤もシビアに受けて立って、ボディへの膝蹴り、キックでボコボコにした。裏拳からジャーマン(ナイス・ジャマイカ)など、大善戦したヤッシーも最後は近藤のキングコング・ラリアットに轟沈。だが、ゴツゴツとしたいい試合だったと思う。
 そしていよいよ明日、総合格闘技。プロレス的にはちゃらけたキャラのヤッシーだが、総合の練習も積んできた。そして、今回の挑戦を「プロレス最弱の男の挑戦」と言いつつ、
「これは個人的なテーマでプロレスラーを代表して出るものではないです。ブラザー・ヤッシーで参戦させてもらいますが、気持ちは辻本恭史でいきます。また違った一面が出せれば…」
 と、記者会見でいつもとは違う丁寧な口調で喋っていたヤッシー。馳浩に憧れてプロレスラーになった辻本恭史は新たな挑戦の舞台に立つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です