台風の中で全日本開幕

 昨日は台風4号襲来の中、まずは午後12時から後楽園ホールにおける全日本プロレス『サマー・アクション・シリーズ』開幕戦のGAORA中継解説。この日の目玉は武藤&健介VS小島&諏訪魔だ。先シリーズでブードゥー・マーダーズ(VM)入りした小島が諏訪魔とVM最強コンビを結成して、いきなり全日本正規軍の最強コンビと激突したのだ。
 ハッキリ言って、小島はまだ自己改革の途中。この日、ヒールの小島、VMの小島を強烈にアピールするべきだったが、まだまだ中途半端。従来通りの受けのファイトだし、反則攻撃もしっくりこない。キャラとしてのヒールをイメージ付けたいようだが、それがしっくりとこないのである。私個人の見方としては、希望通りに武藤&健介と対立するポジションになったわけだから、無理にワルぶる必要はないと思う。同じVMでも近藤修司は真っ向勝負の男。VM入りしても凶器に走る必要はないと思うのだが…。もし小島が自分を変えるために凶器や反則攻撃に走るというなら、肚を据えて徹底的にやるしかない。自分は何がやりたいのか? 小島はもっともっと自分を見つめなければなならない。
 この日のベストバウトはミゲル・ハヤシJrと櫛田雄二郎のシングルマッチ。櫛田とは、ハッスルのKUSHIDA。本名で全日本に出稽古に来たという形だ。ハッスルの生え抜きである櫛田はなかなかの経歴の持ち主。元々は髙田道場で、ZSTのジェネシスライト級トーナメント優勝経験もある。05年夏から自費でメキシコに飛んでルチャを学び、ライセンスを取得してCMLLでYUJIROの名前で20~30試合を経験して昨年2月のハッスル・オーディションのために帰国。TAJIRIのコーチを受けて昨年9月にデビューしたばかりの新人である。専修大学出身で、長州力にも練習をみてもらったことがあるという。TAJIRIは「バランスが良く、体の中心線がしっかりしていて左右にブレない」と、その素質を高く買っている。ちなみに客席にはTAJIRIの姿があった。ハッスルのリング上では敵対関係になったとはいえ、やはり気になったのだろう。
 ハッスルでのパンタロンではなく、ショート・タイツでミゲルに挑んだ櫛田は髙田道場仕込みのサブミッションとルチャ殺法を駆使した。佐野巧真が髙田道場を退団してノアに移籍した時に使った“ゆりかもめ”を披露したことに気づいた人はいただろうか!? 両腕と首を極める“ゆりかもめ”は桜庭和志が佐野に餞別代りにプレゼントした髙田道場オリジナルの技である。
 懐の深いミゲルによって持ち味を大いに発揮した櫛田。その真っ直ぐなファイトは爽快だった。純プロレスから多くのものをハッスルに持ち帰ってほしい。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です