犬がいる生活

 実は、我が家には先週の木曜日から豆柴(1歳半)がいる。旅行に行った知人の犬を預かったのだ。ところが私も妻も犬を飼ったことがないだけにタイヘン。
 柴犬はキレイ好きで基本的には家の中では排泄をしないというので朝、昼、夜、寝る前と4回の散歩。私の役目は朝8時の散歩と深夜の散歩。トイレのタイミングはバッチリ覚えた。完全にしゃがんだ時はオシッ○、中腰はウン○ね。トコトコと歩いていたと思ったら急停止、腰をちょっと下げたところでササッと新聞紙を地面に置く。コトをすませた後、ちょっと申し訳なさそうな顔をしてこっちを見るのがカワイイ。お陰で私は運動不足解消だ。
 それにしても、このお犬様、自分を人間だと思っているのか? 寝る時は私か妻の腕枕。それもうつ伏せではなく、腹を見せて仰向けになってガーガー寝る。キミは本当に犬なの!?
 芸はできません。「おすわり!」「それは伏せでしょ」という具合。でも、餌をあげるときだけはおすわり→お手→おかわり→伏せ→待てを完璧にこなせるのはナゼだ!?
 ということで、我が家は今、お犬様に振り回されている。昨日も午後から妻が用事で外出すると、ふてくされたのか台所でジーッ。私が呼んでも来やしない。そのくせ、私が仕事部屋に入ると、部屋のドアの前で丸くなって寝ている。で、サムライTVに出かける時間になったら、私が出て行ってしまうことを察知してか、玄関に陣取って動かない。何とか餌でリビングにおびきだして、その隙に外出に成功したが、置いていくのが切ないこと、切ないこと。こんな感じじゃ、とても我が家で犬を飼えそうもないなあ。このお犬様との生活も木曜までだ。
 缶コーヒーBOSSのCMのトミー・リー・ジョーンズではないが「この惑星の豆柴はカワイイ!」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です