IGF旗揚げ戦

 結局はカードが決定したのが2時間前、「迷っている奴は観に来なくていい!」という猪木発言もあるなど、寸前までスッタモンダしたIGF旗揚げ戦が無事(?)終わった。観客動員は主催者発表で8426人(超満員)。超満員発表はともかくとして、これだけの泥縄で、よくもまあ集まった。これもアントニオ猪木の神通力というべきか、あるいはいい意味でも悪い意味(いじわるな意味)でも注目を集めたということだろう。
 実際問題としてIGF旗揚げ興行に猪木の新団体旗揚げという色はなかった。自前の選手がいないわけだから、猪木プロデュース興行である。その意味では上井駅やリングソウルの興行と変わらないと言ってもいい。田村潔司の土壇場での参戦が話題になったが、結局はUスタイルの披露試合という形に終わった。どうせなら“赤いパンツの頑固者”をプロレスの世界に引っ張り込んでほしかったものだ。
 目玉のひとり、小川直也は「猪木さんの遺伝子を次ぐIGFに橋本さんと一緒に参加した」と、橋本真也の『爆勝宣言』で入場。当初はブーイングが予想されていたが、橋本さんの力を借りて観客の支持を集めた。そしてファンが小川に望んでいるのはキャプテン・ハッスルでもなく、セレブ小川でもなく、橋本と死闘を演じていた時代の“暴走格闘王”だということが改めてわかった。一連の橋本との死闘はゴールデンタイムで放映され、それによって橋本と小川の知名度が上がったし、あの時の興奮はファンの脳裏に鮮明に残っている。小川には、ハッスルは小休止してかつての凄味を取り戻してほしい。ギラギラした“暴走格闘王”の方が似合っていると私は思う。
 今回の大会で猪木のプロモーターとしての手腕を評価したいのはブロック・レスナーVSカート・アングルを本当に実現させたことだ。この2人の激突は近年のアメリカ・マット、WWEでも最高のカード。2003年の『レッスルマニア19』でメインを飾ったカードである。04年3月にレスナーがWWEを離脱したことによって消滅した黄金カードが3年以上の時を経て日本で実現したというのは凄いことだ。両者共にWWEを離れた現在、多くのプロモーターがこのカードの実現を願っていただろうが、それをやってのけたのが猪木だったのだ。内容的にも両者が構えることなく持ち味を出していたし、すっきりと決着がついたのもよかった。
 ただ今後のIGFを考えると、やはり前途多難と言わざるを得ない。1発イベントという感は否めず、線としてつながらないのである。猪木の遺伝子を伝えていく団体となれば、やはり猪木が直接レスラーを育てるしかない。かつての新日本は猪木が先頭に立ってレスラーを育成したが、それも20年以上前まで。最後に猪木が本腰を入れて育てたのは、89年の選手大量離脱騒動の時の三銃士(武藤、蝶野、橋本)が最後ではないか。あとは引退後に佐山と2人で育成した小川直也ぐらいか。
 気の遠くなるような作業だが、アントニオ猪木という名前の神通力が通用している間にレスナーVSアングルのようなプロレスの醍醐味を味わわせてくれるカードを実現させて引っ張り、その間に真の意味で猪木の精神、技術を受け継ぐ新たな人材を育て上げる。それが果たせた時、IGFは初めて成功だと言えるのではないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です