ハワイ映画

『50回目のファーストキス』『ブルークラッシュ』など、ハワイを舞台にした映画はいろいろあるが、昨日、渋谷のQ-AXシネマで観た『ザ・ライド ハワイアン・ビーチ・ストーリー』が一番のお気に入りになった。
 ストーリーとしては、カリフォルニア出身の高慢チキなサーフィンの世界チャンピオンがノースショアでの大会中にワイプアウトして遭難、気付いたら2002年から1911年にタイムスリップしているというもの。1911年というのは、ワイキキにはモアナ・ホテル(現在のシェラトン・モアナ・サーフライダー・ホテル)しかないという時代。ここで主人公は、のちにオリンピックの水泳自由形で金メダルを獲得し、サーフィンを世界に広めたデューク・カハナモク(現在、ハイアット・リージェンシー・ワイキキ前のビーチに銅像が建てられている)と知り合い、サーフィンの本当の意味を知り、ハワイアンの娘と恋に落ち、古き良き時代のハワイの自然に触れていく。そして2002年に戻るというもので、ありきたりといえばありきたりかも。
 しかし監督、キャスト、スタッフ、音楽がすべてハワイアンで、ファッション、言葉(ビジン・イングリッシュ=ハワイ語と英語がミックスされたハワイ独特の英語)、小道具までこだわって1911年当時のハワイを再現した映像はグッときた。「この当時のハワイに行ってみたい!」と思わせてくれるものだ。
 アメリカ人が見た“南国の楽園”ではなく、ハワイアンの目線が見たハワイは新鮮だし、心が洗われる思いだった。
 ちなみに173席ある映画館で、観客は私たち夫婦を含めて6人だけ(!)だったが、ハワイに興味がある人は観てみてください。上映は明後日の6月1日までで、上映スケジュールは午前9時40分~11時10分、午後9時20分~10時50分の1日2回だけ。私たちが観たのは夜の回でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です