プロレスを示した春の祭典

 昨日のチャンピオン・カーニバル最終戦は「これがプロレスなんだ!」というメッセージに溢れた大会だったと思う。もちろん、人によって好き嫌いはあるだろうし、考え方の違いはあると思うが、私にはそんなメッセージが伝わってきたし、私好みの大会だった。
 健介―大鷲は、健介が「お前も本当のパワー・ファイターを目指すなら、これくらい当たりが強くなければ駄目だし、これくらいタフじゃなきゃ駄目だ」と言わんばかりの真っ向からの叩き潰し。それも一方的に叩き潰すのではなく、ちゃんと大鷲の技を真正面から受け止めていたところに健介の懐の深さを見た。みのるーTAJIRIは、TAJIRIがエディ・ゲレロから学んだ“ズルしていただき!”の真骨頂。私がTAJIRIを評価するのは、ズルする時にちゃんとレフェリーの死角を衝いているところだ。
 そして武藤ーケア、川田ー小島、優勝戦の武藤ー川田。いずれもプロレスの基本を押さえた試合だったと思う。彼らが使う技は誰でもできるものだし、種類も多くない。だが戦術、その場に応じた機転で試合を組み立てていく。その技を使うまでのプロセスの重要さを示してくれていた。
 それにしても武藤と川田は別格。勝負どころでの集中力、瞬発力、無駄のない動きはさすがだ。武藤ー川田の優勝戦を見ていて、去年の暮れに武藤にインタビューした時の「来年(07年)は三銃士&四天王の時代だよ!」という言葉を思い出した。
 今の全日本はパッケージという名のもとに何でもありの状態。だが、それは武藤敬司が中心にいるからこそである。根本には武藤の昔からの伝統を引き継ぐ“確かなプロレス”があるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です