プロレスラーになりたかった三又又三さん

 昨日のチャンピオン・カーニバル2日目のテレビ解説ゲストは三又又三さん。三又さんとは以前、サムライTVで一緒に番組に出たこともあるし、週刊ゴングに寄稿してくれていたので顔馴染みだ。幼稚園の頃、お父さんが国際プロレスのリング・ドクターをやっていて、さらにお兄さんがプロレス・ファンだったこともあって、三又さんも古くからのプロレス・ファン。プロレスラーになりたくてレスリングを始めたが、体が小さいために断念して芸人に。芸人になってからもUファイル・キャンプに通ったり、カシンと飲みに行った話も聞いたことがある。そんな三又さんだから、金八先生になりながらも、試合に熱視線。特に鈴木みのるの技の妙には唸っていた。
 今回のチャンピオン・カーニバルはGAORAプレゼンツということで5戦すべてをGAORAが中継。日替わりでゲストとしてお笑い芸人が入ってくる。私としては、ちょっと不安だったが、いざ一緒に放送席についてみると、彼らの芸人としてのプロ意識、プロレス・ファンとしての熱さを間近で感じることができて、勉強になることばかり。お笑いネタだけでなく、彼らの“ファン目線”が視聴者にうまく伝わってくれたらなあと思う。
 さて、今日のゲストはイジリー岡田さん。果たして、どうなるか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です