8年の月日

 今日1月31日はジャイアント馬場さんの命日である。馬場さんが亡くなって8年が過ぎてしまった。アッという間の8年だったが、それでもいろいろなことがあった。99年6月に全日本プロレスが分裂し、天龍さんが10年ぶりに全日本に戻って再び去り、川田もフリーになった。そして今はまったく新しい武藤・全日本になっている。
 私的なことを書かせてもらえば、私を取り巻く状況も随分と変わった。99年1月5日に週刊ゴング編集長から日本スポーツの編集企画室長になり、初めて手掛けた増刊号が馬場さんの追悼号だった。鶴田さんの追悼号、冬木さんの追悼号も作ることになった。かつて全日本プロレス担当記者だった私は、そこに運命の巡り合わせを感じたものである。その後、執行役員になったが、04年9月に退社して、今はフリーとして活動している。少なくとも8年前には自分が会社を辞めてフリーになるとは想像もしていなかった。ハッキリ言って予定外の行動である。
 そうやって8年が過ぎても馬場さんの思い出は風化しない。そして風化させたくないからこそ、今週号の週刊ゴングで馬場さんの追善メモリアル企画を作らせてもらった。
 私が大好きな馬場さんの言葉は「プロレスとは面白いもんなんや、楽しいもんなんや」と「本当のプロレスラーというのはな、スタイルも何も関係ない。タイツとリングシューズがあれば、どんな国に言っても仕事ができる。みんなにそういうレスラーになってほしいんや」の2つである。
 私は屁理屈をこねくりまわすプロレスは好きじゃない。だが“プロレスは面白い、楽しい”ということを少しでも伝えられたらと、今後もこの仕事をしていくだろう。それが“馬場学校”卒業生の務めだとも思う。

無我とは…

 昨日の夜は後楽園の無我。ちょうど西村らが新日本を離れて1年目の興行だった。無我とは何なのか? 西村は60年代、70年代のアメリカン・プロレスをイメージしているが、それがどういうものなのかを体現するのは難しい作業だ。
 大技を乱発しない、ひとつの技で決まる、グランド主体…それが一般的な無我のイメージだと思うが、そうなると、ただ地味なプロレスになってしまう。西村が主張したいのは利に適ったプロレスだろう。例えば、足を攻めたら、ずっと足を攻めて相手にダメージを与える。そうすればトーホールドでもギブアップを奪える。そこに無意味な大技はいらいないということだろう。
 昨日のラウンド制による西村VS川田は、そんな醍醐味を見せてくれた。ラウンド制ということで、試合の流れが3分でストップしてしまうため、イライラした川田が3Rからラッシュしたが、5Rからは西村がねちっこく足攻め。川田がまるで蟻地獄に吸い込まれるように、ラウンドを重ねるごとにジワジワと追い込まれていく展開はスリリングで飽きなかった。
 私は、初めてのラウンド制に対応した川田を高く評価したい。川田は試合後に「お客さんが求めることをやっていきたい。お客さんが望むカードって、逆にいい試合にならなかったりもするけど、それをこなすのがプロレスラーだと思う。どんなスタイルでも、どんな形のリングでもこなして、お客さんを満足させて帰すのがプロレスラー」とコメントしていたが、これこそ我を捨てた無我だとも思った。
 川田は、西村が崇拝する60年代、70年代の偉大なるレスラー、ジャイアント馬場の教えを継承している男。馬場さんの持論は「スタイルも言葉も国も関係ない。タイツとシューズさえあれば、どこでも戦えるのが本当のプロレスラーなんや」だった。それを実践している川田に無我の精神が宿っていても不思議ではないのだ。多分、西村はそんな川田の要素に惹かれているのではないか。

DDTの実験

 今日の昼はDDT後楽園へ。先週の月曜日、KO-D無差別級王者HARASHIMAがサムライTV『S-ARENA』にゲストとして来てくれたこともあって、HARASHIMAの記念すべき初防衛戦を見ようと思ったのだ。
 私にとっては興味をそそられるディック東郷…じゃなかったプリンス・トーゴー率いるハワイ軍団aWo(アロハ・ワールド・オーダー)初登場というのもあったが、やはりここはHARASHIMAと柿本大地のKO-D戦だ。お笑いからシリアスまで様々な要素を取り込んでいるDDTにとって若い2人による、いわゆるフツーのプロレスでのメインは大きな実験であろう。そして2人はよく頑張った。余計な要素を排除しての純粋なプロレス勝負。十分合格点をあげていいと思う。
 試合後にディーノが登場して「DDTがDDTらしくあるために、次はワタシが挑戦する」と表明する一幕もあったが、これもDDTという団体ならではのフォローだったと解釈している。これでディーノが登場しなくてもよくなった時、DDTは新たな段階に突入するはず。
 ファンに飽きられないように次々に新しい企画を打ち出し、その一方でHARASHIMAや柿本のような若い選手を育てているDDTの企業努力は大したものだ。
 さて、夜は同じ後楽園で旗揚げ戦以来の無我。こちらについては明日書こう。

1周忌

 今日は戦友のカメラマン、渡辺健策氏の1周忌法要だった。本当に1年はアッという間だ。バタバタと慌しく過ごした1年だった。でも、私は無意味な時間を過ごしていなかったと自分自身で思っている。
 煙草と酒を愛した健策は、私より6歳も若いのに逝ってしまった。人生はいろいろだ。そして、せっかく生かされている私は、自分の人生を悔いなく最後まできっちりと生き抜こうと思っている。そうでなければ、先に逝ってしまった人たちに失礼だろう。
 悔いなくきっちりと生き抜くということは、後悔したくないから一生懸命頑張るしかないということ。姿かたちは見えなくなっても、故人は生きている人にいろいろなことを教えてくれている。

ピュアな青年HARASHIMA

 昨日の『S-ARENA』にはゲストとしてDDTのHARASHIMAが登場。去年の12月29日、KO-D無差別級王者になった、今が旬の男だ。
 皆さん、HARASHIMAを知ってますか? 私の場合、どうしてもマスクマンのヒーロー時代のイメージが強い。だからマスクを取ったらイケメン、そしてちょいワル風なのはどうもしっくりこなかった。それに彼のバックボーンがさっぱりわからない。何せヒーローだったから、かつてのプロフィールは本名不明、生年月日不明、出身地はヒーローシティ。素顔になってからは出身地こそ東京になったものの、相変わらず本名も生年月日も非公開。私にとっては謎の男だったのだ。
 で、素顔のHARASHIMAはどうだったかというと…これが好青年だった。テレビの本番では、本人はブログで“滑舌よく、ハキハキと澱みなく喋った”と自虐的に(?)書いていたが、凄く緊張していて、キャスターの三田さんが心配する母親のような目で見ていたのが笑えた。
 本番前と終了後の楽屋での“ぶっちゃけトーク”では、彼がいかにプロレスが好きなのかわかったし、人に歴史ありで「へー!」という話も。まだ自分のキャラクターを築いている途中だから、いろいろなことが喋りづらいのだろうが、素の部分がさりげなく出せるようになったら、さらに魅力が増すはずだ。ズバリ、HARASHIMAとはクールなイケメンではなく、本当にピュアなプロレスを愛する好青年だった。
 1月28日は後楽園で柿本大地相手にKO-D王座防衛戦。プロレスの様々な要素を取り込んでいるDDTにあって、いわゆる正統派の若い2人がメインを取るというのは大きな意味がある。今の時代のプロレスで2人とも弾けてほしいと願う。

三沢のアクシデントに思う

 昨日の日本武道館で三沢光晴が森嶋猛相手にGHCヘビー級王座を防衛した後、救急車で病院に直行した。西永レフェリー、セコンド陣の話によると、異変が起こったのは試合開始まもなく。場外でパワーボムを食らった直後から三沢の意識が吹っ飛んでいたという。その後、20分近くも戦ったわけだが、試合後には自分が勝ったこともわからなかったらしい。
 CTなどの検査の結果、脳震盪と頚椎捻挫ということで、とりあえずは大事には至らなかったようだが、この一歩間違えたらどうなるかわからないのがプロレスの怖さ。受け身の巧さには定評がある三沢でも、こうした事故が起こるのである。
 気になるのは三沢の現状だ。元々が「辛い」とか「疲れた」と言わない人だが、どれだけ疲れているのかは見ていればわかる。1月5日、ノアの事務所を訪ねたら、社長室でスーツを着てデスクワークをしている三沢がいた。中を覗いて「今年もよろしく!」と声をかけたら、ニタリと笑っていたが、こうしたリング外で仕事をしているのも三沢の現実なのだ。
 長年の蓄積で体はボロボロだし、練習時間も思うように取れない。問題の首は特にこの2年良くなっていないはず。だが、社長であり、王者として興行の看板である以上、試合を休むわけにはいけない。昔、馬場さんが「トップの人間はどんなに体調が悪くても、怪我をしていても…タッグマッチでエプロンに立っているだけでいいから試合を休んじゃいけない」と言っていたが、プロレス興行をビジネスとして考えたら、確かにその通りである。
 社長と王者の両立は今の三沢では無理なのか!? きっと本人は淡々とした表情で両立させようとするだろう。そんな三沢の生きざまを見たいと思う一方では、そんな三沢を早くラクにしてくれる力の台頭を望んでいる私もいる。ノアは今年2007年が未来への正念場になる。
 

SUWAが諏訪に…

 昨日はノア博多スターレーン大会の取材。今年になって初めてのノア取材である。取材の目的は三沢と森嶋の前哨戦と丸藤、秋山の07年の展望。この3つについては水曜発売の週刊ゴングに掲載されるので、ここでは省略させていただくとして、個人的に注目していたのは1・21日本武道館を最後にノア・マットから去るSUWAだ。
 SUWAには週刊ゴング1159号でインタビューしたが、しっかりと自分を語れる男。ヒールにこだわり、そのヒール像を素顔の諏訪高広が様々な角度から客観的に見詰めている。スタートこそ浅井嘉浩が作ったが、その後は自身で練り上げてきたキャラクターである。
「最後までSUWAで行くのか…ノアに対してはSUWAで行きたいですね」と、諏訪は語っていたが、昨日の博多はちょっと違った。第2試合で青柳館長と組んで志賀&川畑のパンチ・コンビと対戦して敗れた後、志賀&川畑と握手し、客席に一礼してリングを降り、大きく手を振りながら花道を引き揚げていった。そこにいたのはSUWAではなくて諏訪高広だったのだ。
 思えば、この博多スターレーンは99年7月4日、闘龍門が団体として正式な旗揚げ戦をやった会場。SUWA=諏訪には特別な思い入れがあったのだろう。
 でも1月21日の日本武道館のリングには、きっとヒールのSUWAが立っているはずだ。

さてさて今年の運勢は…

 ちょっと話題が古くなってしまうが、毎年フジテレビでやっているのが『芸能人最強運決定戦』。干支、星座、血液型の3つを組み合わせて、新年の運勢を占うというやつだ。組み合わせは実に576通りになるという。つまり、一番、運がない人は576位というわけ。
 で、丑年&乙女座&A型の07年の私の運勢は526位とメチャクチャ低かった。今年こそ…と、ホームページで調べてみたところ、ゲゲッ、553位とは去年よりヒドイじゃないか!恋愛運(干支)=5位、金運(星座)=7位、健康運(血液型)=1位(!!!)…個別に見ると去年よりいいのにランクダウンなの?
 まあ、06年を振り返ると、そんなに悪い年じゃなかったし、健康運が1位ならいいか。スポーツ新聞とかの占いも、ついつい見てしまうタチだが、いいことは覚えていて、悪かったことは忘れてしまう。ようは気持ちを引き締めていけばいいということにしておこう。でも…いい順位の人は気分がいいよね!

健康的な1日のはずが…

 1月は私にとって鬼門。年末から正月にかけて仕事がドーッと押し寄せて、あれよあれよという間に年が変わり、1月末に体調を崩すというのが例年のパターンなのだ。去年も1月20前後に熱を出してしまった。
 今年はそうはいかん!ということで、昨日は早めに仕事を切り上げて夕方から近所にできた岩盤浴へ。岩盤浴というと、週刊誌でバクテリア云々と騒がれたりもしたが、まあ細かいことは抜きにして、とりあえず行ってみようじゃないか。作務衣に着替えて、あったかい岩盤の上にタオルを敷き、まずはうつ伏せで5分、続いて仰向けで10分、そして5分のクールダウンを繰り返す。サウナみたいに暑いわけじゃなく、ジワーッと汗をかく。体の中から温かくなるようで、感覚としたら温かい石を使うホットストーン・マッサージみたいな感じかな?
 その後はスタミナ補給のため焼肉屋へ。知り合いから「安くてウマイ!」と聞いていた店だけに大盛況。確かにウマかった。カルビ、ロース、ランプ焼がとろけるんだよね。店には浜口京子ちゃんのサイン色紙があったぞ。
 岩盤浴→焼肉と英気を養って、気分も新たに翌日から活動再開…と思っていたら、世の中、そんなに甘くない。昨年10月に近所に引っ越してきたソウ君&リエコちゃんのカップルが10時過ぎにウチに乱入してきて午前2時過ぎまで酒盛りに。で、寝ようと思ったら、帰ったばかりのリエコちゃんからメールが。近所のラーメン屋(ほとんど居酒屋状態の店)でリエコちゃんの兄タカシ君がひとりで飲んでいるのを目撃したとのこと。タカシ君は前日、オーストラリア旅行から帰ってきたばかりのはずだ。面白そうだから偶然を装ってラーメン屋へ。結局、ここでも飲むことになって、おまけに酔っ払っているから胃がバカになっていて気付いたら深夜に五目チャーハン、酢豚、シュウマイをペロリ。おいおい、カロリーの摂り過ぎだって!
 健康的な1日にしようと思っていたのに不健康な1日に。きっと今年もこんな感じで怒涛のように過ぎていくんだろうなあ。ちなみに今現在、二日酔いで気持ち悪いです…。

強烈!佐藤兄弟

 昨日は今年1発目の『S-ARENA』出演。去年のクリスマス以来だから勘が戻っていなかったところにゲストとして佐藤秀&恵の双子が来たから大変だ。彼らは、いつも放送コードぎりぎりのパフォーマンスで月曜『S-ARENA』のスタッフを脅かしているのである。(みちのくの試合は土日が多いため、ニュースとして出るのは必然的に月曜日が多くなる)
 登場と同時に恵がやってくれました。いきなり口から東急ハンズだかトイザラスだかで買ったスライム…じゃなくて“お告ゲル”をダラ~ン! おいおい、君たちは本当にアイドル・ユニットのセーラーボーイズだったのかい?
 サスケを宇宙人だと言う彼らのUFOやらカルト系の知識は本物。スタジオには様々なUFOグッズを持ってきてくれたし、控室でもUFOの話で盛り上がった。実は私も、この手の話は嫌いではなく、昔は矢追純一さんの木曜スペシャルをよく見ていたものだ。だが、彼らの知識には到底、勝てるはずがない。そして彼らのハチャメチャなキャラクターも、そうした豊富な知識と、様々な積み重ねによって丹念に作られていることがわかった。きっとマニアなら、彼らの行動のひとつひとつに隠された意味がわかるはず。彼らにしてみれば「わかる人だけがニヤッとしてくれればいい」ということのようだ。
 私が佐藤兄弟を認めているのは、キャラとは裏腹にタッグチームとして素晴らしい技術を持っていること。ただ、さすがにプロレス大賞で最優秀タッグチーム賞に推薦する勇気はなかった。
 さて、サスケとの宇宙大戦争の07年オープニングはサスケ&タイガーマスク&HAPPYMANvs佐藤兄弟&折原。果たして生真面目なタイガーマスクに佐藤兄弟のキャラが通用するのか…これは注目だぞ!