いいぞ、ミラノ!

 昨日は久々に新日本の取材。久喜大会に行ってきた。私のお目当てはミラノコレクションA.T.。本心としては新日本よりも全日本で武藤と組んだ方が合っていたんじゃないかなと思っていたが、そんな心配は無用だった。
 蝶野、バーナードと組んで棚橋、永田、田口との試合。ヘビー級の棚橋、永田相手でもパワー負けは感じられない。新日本ではキッチリ自己主張しないと周囲の激しさに負けてしまうが、ちゃんと自分の色も織り交ぜてのファイトをしているのだから大したもんだ。やはり1年半近く、アメリカで揉まれたのはダテじゃない。
 ウチに遊びに来て、当時はイタリア人を名乗りながらも実は白いゴハンが大好きで、鮭のオニギリを喜んで食べていた闘龍門時代のあんちゃんのイメージが強いのだが、もはや立派なレスラー。かつてのFMW練習生が、こうやって新日本のリングで蝶野と組んで長州らと堂々と渡り合っているのだから、やっぱりプロレスは夢だね。無名の若者が逞しく成長してスター選手になっていくのを見ることができる仕事をやっているのは嬉しい限りだ。
 今後はジュニア戦線に参入するというが、新日本ジュニアにないファイトは必ず注目されるはず。いいぞ、ミラノ!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です