感慨無量

 昨日、後楽園ホールでWARがファイナルとなった。旗揚げから14年関わってきただけにテレビ解説も力が入った。放送席は2階のバルコニー前で、デスクが大きくて実際はリング上が見えず、モニターを見ながらの解説。正直なところ、ナマでこの目に焼きつけたかったが、今回は“WARのため!”という気持ちしかなかったから、個人的な気持ちは置いといて、少しでも役に立てれば満足だった。
 大会前日、海野ちゃんから電話がかかってきた。「小佐野さん、嬉しい報告があります。前売りチケットが完売しました。当日券を250枚取ってあるだけですよ! これで最後に大将もカッコつきますね!」。
 海野ちゃんは本当に天龍さんが大好きだ。その嬉しいそうな声を聞いただけで私は出来上がった。海野ちゃん、まき代さん、紋奈ちゃん…みんなの「天龍さんに気持ちよくWARを締め括ってもらいたい」という祈りにも近い気持ちは胸にグッと迫るものがあった。
 それにしても凄い熱気だった。選手、関係者、観客全員が、あの熱い時代に完全に戻っていた。「ノスタルジアはないよ、金のため」とクールに言い放っていた邪道&外道も、わざわざ冬木軍カラーの黄色のコスチュームを新調して試合に臨んでくれた。そして彼らに対するWARファンの熱烈な声援といったら…。
 実は先週土曜日のタイガーマスクの結婚披露宴でのこと。邪道と「WARではコスチュームどうすんの?」「もちろん昔のコスチュームを用意してますよ!」という会話をしていたのだ。試合後、身内の打ち上げに、一度は天龍と袂を分かった邪道&外道、石井が出席して、天龍にビールを注いでもらっている姿を見ることができたのも嬉しかった。すべては恩讐の彼方だ。モッチーが目を潤ませて入場したシーン、全試合終了後に越中さんがさり気なくWARファンに頭を下げたシーンにはジーンときた。そうそう、菊池淳が駆けつけてくれたのも嬉しかったなあ。
 未だに興奮が冷めない。改めてWARという団体、天龍源一郎という人物に関われたことを幸せに思う。だって45歳になろうという男が、ここまで心を揺さぶられたのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です