帰国しました!

 24日(土)の午後、11泊13日のハワイから帰国しました。ハワイにいる間は仕事のことはまったく考えずにボーッ。バスでのんびりとノースショアに出かけたり、地元のコンサートを見たり、海を眺めて過ごすというゆる~い毎日。このダイアリーも結局、1回しか更新せず。とにかく、すべてを忘れて心と体を解放し、さらにハワイのマナも貰ってきたので、これからまた気持ちも新たに頑張れそうだ。
 BBSにメールをくれたさあぽんさん、キャルバリーで結婚式をしたんだって? あそこは海が見える教会で、予約を取るのが大変なんだよね。実は私も9年前、キャルバリーで結婚式をしたかったんだけど、予約がいっぱいで諦めました。今回の11泊13日のハワイはハワイコールズで旅日記形式で紹介していくので、ぜひ読んで下さい。ただ、今回の旅のテーマはリラックスだったので、今後の旅の参考になるかどうかはわからないけど…。
 さて、帰国したら現実が待っている。昨日は早速、昼12時からの全日本・後楽園のテレビ解説だった。頭を短く刈り込み、髭は3週間伸ばし放題のイメチェンは選手や関係者にどう映ったか? 後楽園に着くなり、売店にいた北斗晶が「あれーっ!?小佐野さん、どうしちゃったんですか? 凄いイメチェンですねえ」と大声を上げた。その他の人たちの反応は様々。人の顔を見るなり、大笑いしたリングアナの阿部ちゃん。「何かあったんですか?」と心配そうに声をかけてきた土方。カズは「随分、思い切っちゃいましたね」と呆れ顔。渕さんは人の顔を見るなり、ビクッと明らかに驚いた表情。まあ、本人的には手入れがラクチンだから、これでいい!
 試合後には週刊ゴングの金子記者が「小佐野さん、今日の作業なんですけど…」と唐突に仕事の話を。「えーっ、聞いてないよー」。編集部の連絡ミスで、私は追い込みの仕事を聞いていなかった。「えっ、連絡を受けてないんですか?ボクひとりしかいないんですよ」と困り顔の金子記者。日曜の追い込みは時間との勝負…ページ数的に1人で作業するのは無理だ。何も用意していなかった私は、一度家に帰ってパソコンやらの仕事道具一式を持って週刊ゴング編集部に行き、急遽4ページの追い込み作業。ウーン、これが本来の日常なのだ。
 ところで18日ぶりに見たナマのプロレスだが、相変わらずVMは素晴らしかった。7・3大田区で嵐&吉江&ブルートとの6人タッグが決定するや、早速デブ・バッシングで観客の興味をそそった。試合前のRODタイムに乱入して太ったお客さんに「デブは帰れ!」と悪態をつき、試合ではパンを持ってきて「デブは腹が減るやろ。これを食え」と吉江&ブルートを挑発。試合中も腹の脂肪を揉みしだくようなストマック・クロー、ブルートの吊りパンを降ろして、タプタブの上半身を客の前に晒すなどのデブ虐めに終始。試合後には大の字になっているブルートの口に、踏みにじったグチャグチャのパンを押し込んだ。どんなカードが組まれても、そこにファンの視線を持っていき、オイシイところを持っていくVMの感性は素晴らしい!下手をすると、7・3大田区では、話題性ではVMとデブ・トリオの抗争が三冠戦を食ってしまうかも!?
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です