12年ぶりの山崎五紀

 昨日の『NEWS侍!』のゲストは、かつての立野記代とのJBエンジェルスで一世を風靡した山崎五紀。もう現役を退いて15年だから…五紀じゃなくて五紀さんか。
 私は女子プロレスを担当したことがないからナマのJBエンジェルスを知らない。その後、LLPWの選手たちと飲み仲間になってから、記代にWWF遠征時代の話を聞いて、山崎五紀は私の中で女子プロレスラーのレジェンドになった。とにかくJBエンジェルスの人気、待遇は凄かったらしい。最初は“日本から来た女のコ”程度の扱いだったようだが、人気が出るにつれてギャラがガンガン上がって、ホーガンなどのスーパースターたちが「キミたちのお陰で、今日もハウスは好調だよ」などと、リスペクトを持って接するようになったという。最初はブーイングだったのが、いつしかベビーフェースとして支持され、88年の1月には女子世界タッグ王者にもなっている。87年の暮れには2週間のオフがあって「日本に一度帰りたい」と言ったら、WWFサイドは、そのまま日本に戻られては困るとばかりに「日本に戻るのは駄目だが、アメリカ国内だったら、どこにバケーションに行ってもいい。交通費、ホテル代はすべて会社が持つから」と言ってくれたという。JBエンジェルスは、WWFのいい時代をダイレクトに体験している数少ない日本人レスラー(男女含めて)なのだ。
 私が憧れの五紀さんと初めて会ったのは94年3月のニューヨーク。MSGにおける『レッスルマニアX』の取材に行った時だ。夜、五紀さんのご主人・永井さんが経営するレストラン『GO』に週刊ゴングのシュン山口通信員とお伺いした。以後は、LLPWの記念大会などに帰国するたびに会場ではちょこちょこっと話をしていたが、ちゃんと話をするのは今回の『NEWS侍!』が12年ぶり。
 久しぶりの五紀さんは凛々しい女性になっていた。体ひとつで結婚するためにニューヨークに渡って15年…両親、親戚、友達と離れた異国でご主人をサポートし、3人のお子さんを育ててきた五紀さんは、本当にカッコよく見えた。そして引退して15年経つのにオーラがある。“日々を生きている”という輝きがあるのだ。
 五紀さん、エネルギーを貰いました。ありがとう!

「12年ぶりの山崎五紀」への2件のフィードバック

  1. あ~~~なんか嬉しいです(T_T)
    久しぶりに『いっちゃん』の名前を見かけて
    懐かしい想い出が甦りました。
    わたしは20年前『いっちゃん』の追っかけでした。
    あちこち地方会場を訪れたものです。
    元気にしているのですね^^
    お子様も1人増えてる(o^-^o) ウフッ
    またあの華麗な飛び技見てみたいものです。
    そして夢を諦めないで進んで行って欲しいです。
    あ~なんか幸せを感じました^^

  2. 私も五紀さんのファンでした。歴代の女子プロレスラーの中でも1番美人で女性らしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です