WARに関わる!

 7月27日の後楽園ホールにおけるWARラスト興行のパンフレット制作に協力するために昨日の午後、ドラゴンゲートの関連会社であるドラゴン・ファクトリー、オンリーワンのスタッフとミーティングを持った。
 それにしてもドラゴンゲートは見事に組織を作ったものだと感心する。きっちり3社に仕事が分割され、円滑に回っているのだ。WARラスト興行を、実際はドラゴンゲートの興行だと勘違いしている人も多いが、ドラゴンゲートは純粋に選手を提供するだけ。裏方の切り盛りはドラゴン・ファクトリーが担当することになっている。
 さて、パンフの方は、WARを締め括るにふさわしい内容になるように検討中。私もWARは記者人生の中でも大きなウェートを占めるだけに力が入る。7月27日当日を楽しみにしていて下さい。

坂口会長も注目!

 5月28日の新日本・後楽園ホールでのこと、坂口会長が「出るのは、明日だっけ?」。何のことかと思ったらサムライTV『NEWS侍!』のことだった。
 坂口会長は『NEWS侍!』の視聴者。「あの時間帯って、あんまり見る番組がないから、サムライを見ちゃうんだよね」とのこと。以前、ある内容に頭にきて、新日本の便箋に“坂口征二”と直筆のサインまで入れて抗議のFAXを送ったが、いたずらだと思われて無視されたと苦笑していた。
 この『NEWS侍!』を見ているレスラー、関係者は意外に多い。そういえば5月20日の新宿FACE(NWS本旗揚げ戦)でもIWAジャパンの竹迫望美に「いつもサムライ、見てますよ!」と言われた。
 ウーン、レスラーや団体関係者に見られてるとなると、プレッシャーがかかるなあ。でも、駄目なものは駄目とハッキリ言わなくっちゃね。ファン目線でやらなきゃ番組の意味がなくなるから。

カッキー引退

 昨日の後楽園ホールでカッキー(垣原賢人)が引退した。私とカッキーに接点があったのはUインターの末期→キングダム→全日本フリー参戦→新日本の期間。彼が方向性で苦悩していた時代である。キングダム時代には鈴木健取締役に頼まれて、日本武道館の控室で川田に会わせた記憶がある。
 個人的に思い入れが強いのは全日本の分裂騒動後に長井とチーム・ストロングスを結成していた時代のカッキーだ。選手層が薄い中、チーム・ストロングスと荒谷&奥村のタッグ対決が何とか全日本のひとつのウリにならないものかと京平さんを含めて考えたものだ。だが、この時代でもカッキーは怪我に悩まされていた。軽量で、体が頑丈ではないというのは、どうしようもない。結局、カッキーは膝の怪我で欠場し、そこから全日本を去った。
 昨日の引退試合。懐かしい顔触れが揃った。新日本とUインターの対抗戦がスタートした時、それに背を向けた田村潔司、宮戸優光がどういう形であれ、新日本のリングに上がったのには時代の流れを感じざるを得なかった。そして、その2人にさりげなく気を遣う蝶野…。
 最後、カッキーの笑顔は素晴らしかった。怪我と団体の崩壊やらで大変なプロレス人生だったと思うが、最後を笑顔で締めてくれたのは、見ている者にとって救いだ。

馳浩からのメール

 ウーン、仕事が山積みなのに、どうもテンションが上がらない…と思っていたら、馳センセーからメールが届いていた。
 週刊ゴング1126号に掲載したインタビューへの御礼のメールだった。多忙な中、わざわざメールをくれるなんて嬉しいこと。しかも時間は午前9時35分。きっと、仕事の合間を縫ってメールしてくれたのだろう。相変わらず馳センセーは早朝からバリバリ働いているんだろうなあ。
 こりゃあ、私も頑張らねばいかん。よし、これから4時間を目標に長編の原稿を一気に書き上げるぞ。ダラダラ書いていたら、いい原稿なんて書けない。原稿は集中力だ!

現役でいること

 今週は、週刊ゴングの仕事は27日=新日本の草加、28日=新日本の後楽園の追い込み作業のみ。それ以外の日は自宅に篭って他社の原稿をバリバリ書かなければならない。それにしても、毎日、部屋に缶詰になっての仕事は苦痛だ。昔からそうだけど、現場に飛び出しているのが性に合っている。
 思えばゴングが月刊誌時代は、編集の仕事がメインだから辛かった。週刊誌になって、外に自由に飛び出してからが春だった。編集長時代もなるべく現場に出て行って、その会場の空気を知ることに務めた。やっぱりプロレスは現場!
 今はそれなりのキャリアを積んでいるので、昔のことに対する記事の依頼が多い。考えてみれば馬場さん、現役時代の猪木さんを取材したことのある記者が少ない時代に入っているから、そうした記事を書くのは務めだと思っている。
 
 でも、過去の蓄積にプラスして“今”を貪欲に吸収していきたい。その意味では、現場に出してくれる週刊ゴングの仕事に感謝だ。下手をすれば20歳ぐらい年下の記者と同一線上での取材となるが、それもまたよし。いつまでも現役バリバリで前線に立つことが、この仕事の喜びである。

長州力の世界

 この土&日の2日間は忙しくてダイアリーを更新できなかった。土曜日は新宿FACEで行なわれた健介&北原のサムライ・ウォリアーズ復活戦(NWS本旗揚げ戦)の週刊ゴング追い込み作業、ロクに寝る時間もなく日曜は午後12時から全日本GAORA中継の解説、その後、新木場に行ってロックアップ旗揚げ戦を取材して週刊ゴングの追い込み作業というのが言い訳だ。そして今日は『NEWS侍!』がある。
 でも、忙しいのは嬉しいこと。会社員時代は「思いっきり眠りたい」とか「入社以来、有給を使ったことがない」とか思うこともあったが、随分と意識が変わった。大仁田がFMWを旗揚げした時、スケジュール表が予定で真っ黒になっていることに喜んでいるのを見て「この人はヘンだ」と思ったが、今はその気持ちがわかるなあ。
 さて、2日間の取材について。NWS本旗揚げ戦については日にちも経っているし、NWS代表の中村吉佐氏、健介&北原のサムライ・ウォリアーズに特別な思い出と思い入れがあるので、それは今週更新のプロレスコラムで書きたいと思う。ここでは昨日のロックアップである。
 ロックアップは、ハッキリ言ってリキプロ。長州の信念を形にするリキプロの興行を新日本が請け負ったという感じだ。前週行なわれたレッスル・ランドはこれから作り上げていくものだが、ロックアップはコンセプトが決まっているから、評判が良かろうが悪かろうが変えようがない。そのコンセプトは“ロックアップから始まって、鍛え上げた体と体をぶつけ合い、体力の限界まで闘う魂のリング”。
 これって、長州が維新軍、ジャパン・プロ時代から理想にしていたプロレスそのまんま。試合の組み立てや、派手な大技の攻防じゃなく、ガンガンぶつかり合えばいいんだというプロレスである。四天王時代の全日本や今のノアとは違うプロレスだ。だから全日本マットを主戦場にしたジャパン・プロが失敗したというのも頷ける。とにかく前に出る長州のプロレスと、受けと組み立てを前提とする全日本のプロレスが噛み合うわけがなかったのだ。もっとも私は、そのギクシャク感の両陣営の「ふざけんなよ、お前はプロレスがわかっているのか!?」というナマの感情のぶつかり合いが面白かったのだが。
 さて、昨日のロックアップはマスコミの評判も上々だった。私からしたら、普段のリキプロを形を変えてやっただけのことで「みなさん、普段のリキプロは見てなかったの?」と言いたい部分もあった。ただ、新鮮に感じたのは新木場という観客数500人にも満たない小さな空間。客席とリングが近いから、リング上の熱気がダイレクトに伝わる。長州は選手たちに「これだけお客に近くで見られることの怖さを知れ!」と言ったというが、こうなると本当に誤魔化しが通用しない。大技の応酬は禁じられているから、ぶつかり合いだけで客を納得させなければいけないのだ。その緊張感が良かった。特に第1試合の裕次郎VS下田大作は、まさにロックアップのコンセプトを体現した試合だったと思う。
 そしてもうひとつ大きかったのは一体感があったこと。今の新日本では長州現場監督に限らず、誰かが何かをやると、それに対する批判が内部から必ず出る。これは取材していても嫌なものだ。だが、ロックアップは長州がプロデュースし、長州を支持するレスラーが集まっているから、みんなひたすら一生懸命に試合をする。プロレスは個人競技と言われるが、イベントはチームワークである。気持ちのいいイベントを見ることができたから、徹夜の追い込み作業も苦ではなかった!

さあ、WARだ!

 今日、午後2時から後楽園ホールの展示会場で7月27日に行なわれるWAR興行の記者会見が行なわれた。出席したのは天龍を筆頭に北原、嵐、折原、荒谷、平井、維新力、石井、マグナムTOKYO、望月、ドラゴン・キッド、イーグル沢井の計12選手。大会実行委員長の海野ちゃんは「みんな二つ返事で今日の会見に出てくれて、感激ですよ」と喜びを隠せない。
 面白かったのは、全員がWAR時代に戻っていたこと。現在は、それぞれが違った団体でそれなりの活躍をしているのに、天龍の前だと昔のまんま。今やドラゴンゲートを仕切る“ミスター・エゴイスト”マグナムTOKYOが「いやあ、皆さん、ボクがレスラーになる前にお世話になった人たちばかりだから緊張しちゃって…」 と小さくなっているのが可笑しかった。
 最後は騎馬を作って天龍を乗せて記念撮影。みんなニコニコとしていて、まるで同窓会のようだった。やっぱりみんな天龍さんを慕っているんだなあ。そして私も、東京スポーツの平塚記者もWAR担当記者だった時代に戻ってしまった。これからの東スポと週刊ゴングのWAR関連の記事に注目してほしい。
 今週号のゴングで私は海野ちゃんについて『今、青春の忘れ物を取り戻している』と書いたが、本人は「今が青春、真っ只中ですよ!」。
 さあ、いよいよ青春のWAR総仕上げだ!これは私も燃えるぞ!!

馳センセイに脱帽!

 今週号の週刊ゴングで記事になっている通り、5月10日に文部科学副大臣室へ馳浩を訪ねた。馳センセイと私は同い年。ジャパン・プロレス入団からの付き合いで、プエルトリコ遠征前には浅草まで日本的なギミックを一緒に買いに行ったり、遠征後はプエルトリコやカルガリーからよく手紙をくれた。筆まめな人で、現地の情報も盛り込んでくれるから、記事を書くのに助かったものだ。
 さて、馳センセイは文部科学副大臣として超多忙。朝8時から文部科学部会、9時から来客、さらに中野厚生労働副大臣が訪ねてくるという過密スケジュールの中で、午前10時からの1時間、どうにか取材時間を取ってもらった。朝は4時ぐらいに起きるというのだから、我々プロレス・マスコミの生活とは大違い。下手すりゃあ、こっちは朝4時に寝る生活だからね。
 久々の馳センセイにはプロレスラーの匂いはなかった。でも、プロレスの話になると俄然、表情が違ってくる。きっと7月23日の金沢における引退式、8月27日の両国における引退試合では、完全にプロレスラーに戻っているのだろう。
「3~4時間は睡眠時間が取れているから、死ぬことはないよ(苦笑)。政務、そして引退試合に向けての練習…1日24時間しかないから、これくらいのスケジュールじゃないと、やりたいことがやれないんだよね」
 と馳センセイ。ウーン、凄いバイタリティだ。私も1日24時間では足りないと思っているが、どうにも体が追いついていかず、今週なんかは特に疲れが取れずに仕事もペースダウン中。馳センセイには勝てないね!
 

12年ぶりの山崎五紀

 昨日の『NEWS侍!』のゲストは、かつての立野記代とのJBエンジェルスで一世を風靡した山崎五紀。もう現役を退いて15年だから…五紀じゃなくて五紀さんか。
 私は女子プロレスを担当したことがないからナマのJBエンジェルスを知らない。その後、LLPWの選手たちと飲み仲間になってから、記代にWWF遠征時代の話を聞いて、山崎五紀は私の中で女子プロレスラーのレジェンドになった。とにかくJBエンジェルスの人気、待遇は凄かったらしい。最初は“日本から来た女のコ”程度の扱いだったようだが、人気が出るにつれてギャラがガンガン上がって、ホーガンなどのスーパースターたちが「キミたちのお陰で、今日もハウスは好調だよ」などと、リスペクトを持って接するようになったという。最初はブーイングだったのが、いつしかベビーフェースとして支持され、88年の1月には女子世界タッグ王者にもなっている。87年の暮れには2週間のオフがあって「日本に一度帰りたい」と言ったら、WWFサイドは、そのまま日本に戻られては困るとばかりに「日本に戻るのは駄目だが、アメリカ国内だったら、どこにバケーションに行ってもいい。交通費、ホテル代はすべて会社が持つから」と言ってくれたという。JBエンジェルスは、WWFのいい時代をダイレクトに体験している数少ない日本人レスラー(男女含めて)なのだ。
 私が憧れの五紀さんと初めて会ったのは94年3月のニューヨーク。MSGにおける『レッスルマニアX』の取材に行った時だ。夜、五紀さんのご主人・永井さんが経営するレストラン『GO』に週刊ゴングのシュン山口通信員とお伺いした。以後は、LLPWの記念大会などに帰国するたびに会場ではちょこちょこっと話をしていたが、ちゃんと話をするのは今回の『NEWS侍!』が12年ぶり。
 久しぶりの五紀さんは凛々しい女性になっていた。体ひとつで結婚するためにニューヨークに渡って15年…両親、親戚、友達と離れた異国でご主人をサポートし、3人のお子さんを育ててきた五紀さんは、本当にカッコよく見えた。そして引退して15年経つのにオーラがある。“日々を生きている”という輝きがあるのだ。
 五紀さん、エネルギーを貰いました。ありがとう!

電話でのセールス

 フリーになってからは自宅で仕事をすることが多いが、そうすると結構、かかってくるのが電話でのセールス。興味ある話なら聞きたいが、どうにも言葉のキャッチボールにならないのだ。そういうマニュアルがあるのかもしれないが、とにかく矢継ぎ早にいろいろなことを、しかも回りくどく話してくるから、その意図がなかなか読めないし、口を挟む間がない。これって、聞き手側の頭を混乱させて、考えさせないようにする作戦なのだろうか…と勘繰りたくなってしまう。 そして、こっちは要点だけ聞こうと思って質問しても、またまた話が長い。
 ウーン、これではプロレスにならない。職業としてやっているのだったら、こっちの要求を察知して、ポンと言葉を返してもらいたいなあ。それに売りたいあまりに必死になられると、かえってこっちは引いてしまう。何か、一方的にあれやこれやと脈絡のない技を仕掛けるしょっぱいレスラーみたいだ。やっぱり相手の様子を見て、ちゃんと攻防しないと。電話でセールスする皆さん、人との駆け引きを勉強する意味でプロレスを見ましょう。
 ああ、念のため私はセールスする人すべてにイチャモンをつけているわけではないので、誤解のないように。私も高校時代はダスキンの訪問販売のアルバイトをやったことがあって、ちゃんと話を聞いてくれる人もいれば、はじめっから嫌な顔をする人もいて、辛い思いをしたので。だって黄色い夢を見るぐらいだったもんね。皆さん、電話をかけられた側が気持ちよく聞けるようなセールストークをお願いします。