ファン感謝デー

 今日は後楽園で全日本のファン感謝デー。目玉は武藤&神無月VS小島&イジリー岡田。そう、ダブル武藤VS小島&三沢光晴の夢の対決だ。芸人をリングに上げるなんて不謹慎? いや、ファン・サービスだからいいじゃないか。試合前、京平さんも心配していたけど、神無月&イジリーのご両人は一生懸命、やってくれた。彼らはプロレス・ファン。だからこそ、かなり緊張していた様子だったが、嬉しそうでもあった。
 試合前にはWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の途中経過がアナウンスされたり、遊び心いっぱいのイベント。そこにあったのはファンの目線に立ち、ファンにいかに楽しんでもらうかという気持ちだ。普段がピシッとしていれば、こういう余興も喜ばれる。プロレスの根本は闘いだが、さらに言えば大衆娯楽なのだ。

「ファン感謝デー」への1件のフィードバック

  1. 初めまして。いつもGAORAを視聴させていただいてます。
    ファンの目線で考えられるのが今重要なんでしょうね。
    オークションでリングにファンをあげてのじゃんけんなどそういう暖かい部分が全日本の良いところだと思っています。
    これからもお仕事頑張ってください。
    失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です