金本浩二の契約更改について

 金本浩二が新日本と契約更改した。ほとんど退団が決定的と言われていただけに(本人もそのような行動、言動を取ってきただけに)賛否両論噴出している。で、私の感想はというと、基本的には金本自身の人生の選択だから、とやかく言うことはない。別にファンのために生きているわけではないし、ファンが彼の人生を左右する権利もないのだから。
 ただし、ファンのために生きているわけではないが、ファンの支えがあってこそ、プロレスラー金本浩二は存在しているのだ。そこを彼が今後どう考えていくかである。当然、彼の考え方はインタビューとして週刊ゴングや週刊プロレス誌上に載るだろうが、一番、大事なのは「なぜ新日本残留を決意したか」をリング上で表現してファンに伝えていくこと。パフォーマーは言葉ではなく、パフォーマンスで訴えるしかないと私は思う。
 私は、個人的には金本浩二という人間が好きだ。サバサバしていて裏表なく、歯に衣着せず喋るし(それがアダになる場合もあるのだが…)、飲んでいても陽気な酒で周囲を楽しませてくれる。それだけに「わかる奴だけ、わかってくれればいい」というのではなく、すべての新日本プロレス・ファンに伝わるような誠意ある行動を望みたい。ここに至るまでに何があったにせよ、契約した以上は新日本プロレスのために誠心誠意ファイトすることが義務なのだ。

「金本浩二の契約更改について」への2件のフィードバック

  1. ・バカバカしくて笑ってしまうわ!
    ・な~んも知らない人に言われても、俺はビクともしないでっ せ~(^O^)ははは~
    ・応援を止めようと、ファンを止めようと、そりゃ勝手に自由 にやって下さい。
    あれだけの騒動を起こしたあげくの金本のこのコメントはあまりにも常識も誠意もないトンデモ大暴言だとしか思えません。
    あれはアングルだろうとお茶を濁せるレベルの話でもありません。
    そもそも、あの騒動全てが金本からすればギャラや待遇アップのみを狙った一人芝居であって、それもファンを徹底的にダシに使った悪質なものだったと確信してます。
    その末に、この暴言。しかも、メディアも実情は把握しているはずなのに「新日愛」等の虚飾で金本を擁護するばかり。
    あれほど文字通り「自己利益だけを求め」て崩壊寸前の新日に甘え倒しただけの人間を「新日愛」などと美称で誤魔化すというのは、あまりにも見え透いた、馬鹿にした話ではないですか。
    空気が全く読めない金本の言動によって、少なくなった新日ファンは確実にさらに減ったでしょう(私もその一人)。
    いい加減に愛想が尽きました。。
    ここまでバカにされてまで一銭たりとて金を落としたくはないですよ。未来永劫に。

  2. 金本浩二最悪です。*金本浩二のブログ内容より
    辞める辞めないという事よりもブログの発言最悪ですね。
    ファンが在ってのプロ選手じゃないですか!アマチュアじゃないんですよ。何を言っても良いものじゃないはず。
    プロ野球だってファンを増やすために苦労しているというのに… これだからプロレスラーは…ってなりますよ。極端な話。
    だれかプロ意識を教えて上げて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です