昨日&今日…

 昨日は3週間ぶりに『NEWS侍!』に出演。番組終了後の打ち合わせが長引いて、帰宅したら日付が変わってしまい、遂にダイアリー1ヵ月完走はならず。
 それはいいとして、昨日は昨日で書きたいことがあった。それは戦友のフリー・カメラマン、渡辺健策氏の通夜。私は今、反省している。健策が亡くなった日、それをダイアリーに書いたが、名前を出していいものが躊躇して、結局は名前を出さなかった。そのため、2ちゃんねるで誰かということが話題になってしまった。改めて考えれば、健策はフリーとして、自分の名前と、技量と、人脈によって生きていた男。だから名前を出すべきだったと思う。健策の通夜は、彼の人脈を物語るものだった。受け付けに立っていたのはキングスロードの高橋秀樹氏とM’SのAKINO。大向、栗原あゆみも手伝っていた。そして各団体からのレスラー、関係者の参列に花の数々…。
 私はお葬式というのは、故人を悼むというよりも、残された人間の心を納得させるものだと思っている。その意味からしたら、何も力になってあげることができなかっただけに、健策の素晴らしい顔に救われた思いがした。それはもし自分の最期の時がきたとしたら、こうありたいという顔だった。変な話、私は自分の心に納得することができた。だから今日の告別式には行かなかった。ありがとう、健策。
 そして今日は馬場さんの丸7年目の命日。自宅で行なわれた法要には、今は敵対関係になってしまった全日本とキングスロードの関係者、レスラーが集まり、夕方からキャピトル東急ホテル行なわれた親しい人間だけによる宴には天龍さん夫妻、馳センセイも出席して、馬場さんの名の下で、みんながこだわりなく喋っていた。これも馬場さんの人徳によるものだと、つくづく思う。
 自宅での法要では、私は妻チエコが作ったレイを持っていった。元子さんは、それを馬場さんのフィギュアにかけてくれた。今、私は馬場さんに何もできることはない。せめて、元子さんに喜んでもらうことが供養だと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です