デスマッチ新世代

 昨日のサムライTV『NEWS侍!』のゲストは大日本の伊東竜二&アパッチプロレスの佐々木貴。佐々木とは以前から顔見知りで、麻布十番の駅前で偶然会って一緒にスタジオ入りしたが、伊東とは初対面。伊東がデビューしたのは99年4月。私が週刊ゴングの編集長を降りたのが99年1月だから、ちょうど入れ違いなのだ。入れ違いでデビューした選手がトップを取っているのだから、プロレス界の流れの速さを感じざるを得ない。また、それだけ大日本マットの世代交代が早いということでもある。
 ここ数年、大日本に足を運んだのは何回かしかなかった。別に敬遠しているわけではなく、仕事のめぐり合わせが悪くて、なかなか会場に足を運ぶチャンスがないのである。今日の後楽園も、他の仕事が入っているために行くことができなかった。
 私が大日本を見るのは、もっぱらサムライTV『NEWS侍!』のダイジェスト版。例の蛍光灯マッチのショッキングな場面を何度も画面を通して見て、「これがプロレスかよ!」と思う一方で「体を張ってファンに提供しているんだな」と感心もしていた。あれだけのハードな試合を見せつけられても、後味の悪さが残らないのも不思議だった。
 その謎が2人と喋ってみてわかった。そこには変な因縁などはなく、彼らは純粋にデスマッチを追及しているのだ。むしろ、信頼感があるからこそ、あそこまでできるのだろう。感覚的には、かつての四天王プロレスの“受け身が取れない技の応酬”に似ている。技をデスマッチ置き換えると、今の大日本の姿が見えてくる。
 そして、もうひとつ…どこかで感じた空気だなと思ったら、それは大仁田が引退したあとの新生FMWの空気と一緒だった。あの頃のFMWは大仁田という巨大な影を打ち消すべく、ハヤブサ、金村、田中、グラジらが新しいFMWのカラーを作るのに一丸となって戦っていた。デスマッチにしても大仁田時代とは内容も印象も大きく変わった。それと同じ匂いが今の大日本にはある。彼らはグロや残酷ショーではない、新時代のデスマッチを確立しようと、必死に血を流しているのである。どんなことでも純粋な気持ちで一生懸命取り組む姿は清々しいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です