バリ島の連続テロに思うこと

 10月1日(現地時間)インドネシア・バリ島で発生した連続爆弾テロは、6月末にバリ島に行っただけに他人事とは思えなかった。
 02年10月にもテロが起きたクタ地区は一番の繁華街。ジンバランは海岸沿いのシーフード屋台レストランが有名。あいにく腕を吊った状態だったので断ったが、私もタクシーのドライバーに「ジンバランにシーフードを食べに行きませんか?」と誘われたし、9月に夏休みでバリ島に行った『NEWS侍!』のキャスターの三田佐代子さんは今回の爆発現場近くのレストランに行ったという。
 本当に物騒な世界になった。かつては国と国の戦争だったが、今や国境に関係なく親米VS反米、あるいは宗教戦争状態になってしまっている。私は宗教には詳しくないが、ハワイと並んで大好きなマレーシア・ランカウイ島の純粋マレーシア人はとても心が優しい、親切なイスラム教徒という印象があるだけに、こうした事件には心が痛む。
 まるっきり安全な旅行などはあり得ないが、これからは、よりリスクを認識した上で旅行をしなければいけない時代である。平和ボケした我々には厳しい現実だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です