なぜだろう?

 昨日のW-1GPは内容的にかなり良かったと思う。やはりドリーとブッチャーが入場してくればワクワクするし、チーム3Dとパルンボ&スタンボリー(WWEでは元FBI)のタッグ対決は一級品チーム同士の戦いを見せてくれた。鈴木みのると諏訪間の絡みも、鈴木の意地悪さが際立っていたし、三沢と曙の激突も、曙が伸び伸びとファイトしたことで想像以上の中身だったと思う。
 でも、なぜだろう。メンバー的にもカード的にも、そして内容的にも良かったのに、いつものプロレス会場の匂いがしなかった。それは普段、プロレスで使っていない国立代々木競技場だったためか? あるいは参加選手が寄せ集めのためか? 何か“よそいき”の感じで落ち着かなかったのだ。
 もっとも、PRIDEにしてもスタート時は馴染めないものがあったが、いつの間にかフィットするようになって、世間一般にアピールするようになった。W-1も普通のプロレス・ファンには何かしっくりこないものがあっても、やがてそれが普通になり、世間にも浸透していくのだろうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です