嫌われ者の時代

 今日はノアの日本武道館大会。力皇VS三沢には考えさせられるものがあったし、小橋&田上VS秋山&天龍は随所に面白さ満点だった。だが、ひとつ話題をあげるとすればGHCジュニア戦のKENTAとSUWAの試合だ。
 あのノアにあって、SUWAのワルぶりは筋金入り。一度は1分34秒で反則負けとなって場内騒然。再試合となっても立会人のジョー樋口さんをいじり、アイドルKENTAの金的をあらゆる手段で攻撃した。16500人の大観衆を本気で怒らせたのだから大したものだ。
 もはやヒールなどというプロレス用語の枠を超越した、悪役というよりも嫌われ者。本当の嫌われ者がいることでベビーフェイスが光るのである。今、本当に嫌われ者と言えるのは、このSUWAと全日本でVMとして暴れるYASSHIぐらいか。それを考えると、この2人を輩出したかつての闘龍門、今のドラゴンゲートは素晴らしい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です