ノア5周年パーティー

 昨日午後6時から台場のホテル・グランパシフィック・メリディアンでプロレスリング・ノアの5周年記念パーティーが催された。いつも仲田龍ちゃんから「敵ながらアッパレ!」と呼ばれている私も呼ばれたのだ。
「本来ですと、この5年間を振り返るところですが…面倒臭いからやめます!」という三沢社長のオヤジ・ギャグ的挨拶からして、実にノアらしいパーティーだった。ぶっちゃけた話、こうしたパーティーはご祝儀集めと相場が決まっているが、2時間にも及ぶ宴にもかかわらず、最後まで料理が切れない豪華版。銀座の『おざわ鮨』は大将以下、職人さん全員が揃って招待客に振舞っていた。
 余興は一切なく、料理でもてなすというスタイル。マスコミ的には絵にならないが、お世話になった人たちに感謝の気持ちを伝えるという意味では正統派である。これぞ、ノア・スタイル。
 それにしても千人にも及ぶ招待客…三沢社長以下の人脈を改めて目の当たりにした思いだ。みっちゃん、アンタは凄いよ。5周年、おめでとう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です